スポンサーリンク

告白 映画のあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?無料視聴情報あり!「な~んてね」



邦画

U-NEXT会員の方は見放題で、告白を見れます!

U-NEXT会員の方は見放題で、告白を見れます!

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
U-NEXT〜日本最大級の動画サービス〜 U-NEXTでは登録後31日間無料で見放題作品を見れる31日間無料トライアル実施中!31日以内に退会すれば料金は発生しません。

 

予告動画↓

告白 あらすじ!

 

冒頭は中学校の生徒が牛乳を飲んでいるシーンから始まります。

 

担任の森口悠子が牛乳の栄養価と思春期について話しますが、彼女の声に誰も耳を傾けている様子がありません。

 

騒がしい教室を歩き回りながら話していた彼女ですが、教卓に戻ると

 

「私は教師の仕事を辞めます。」

 

と告げました。そして彼女は

 

「生徒を名前で呼ばない」

「なるべく生徒達と同じ目線に立って丁寧な言葉で話す」

 

など自分の教師生活でのモットーを淡々と述べます。

しかし途中で

 

毎晩痩せたい死ぬとメールしてくれていたのに返事もせずごめんなさい」

 

と悠子に毎晩メールをして来た女子生徒本人に話したり

 

「私は生徒の言葉を百パーセント信じてない。」

 

など生徒が怒るような事を言います。

 

黒板に耳障りな音を立てながら「命」と書いた悠子は自分の私生活を話しますが、その中で一人娘の愛美の話をしました。

 

いつも水曜日には職員会議が行われるので、悠子は夕方に保育所へ愛美のお迎えに行き、その後は一人で保健室に愛美を待たせていたのですが、

ある日の職員会議の後、悠子が保健室に立ち寄ると愛美はそこにいませんでした。

 

驚いた悠子は生徒と共に校内を探しましたが、愛美は一人きりでプールに浮かび死んでいました。

 

愛美は悠子には秘密で毎週このプールに立ち寄っていたなど情報が集まり、愛美がうっかりプールに転落したことによる事故死と警察は判断します。

 

悠子は悲しみに暮れた日々を思い出しながら話します。

 

「もう私が娘に触れることはできない。」

 

彼女は事故だと言われても諦めきれず自分で犯人を探そうと決意します。

 

そしてたどり着いた結論は、愛美はこのクラスの誰かに殺されたというものでした。

 

少年法があるから大丈夫と思っている子供たちに対し、悠子の怒りと悲しみは絶えることはありませんでした。

 

犯人は小動物を殺した様子をネット上に公開している不気味な生徒A?

 

それとも「死ね」とノートに書き殴っている生徒B?

 

「ぱちん」大切な人が消える音、あなたには聞こえますか?

 

「な~んてね」が印象的ですね。

 

映画「告白」の予告編より

 

スポンサーリンク

告白 みんなの感想!

★50代男性 ポトラッチさんの感想  ★★★★☆

 

何度も見ていますが何度見ても異様な興奮が味わえますね。無表情な松たか子さんがとても印象的です。平気で人を殺す人にはその人も同じくらいの苦しみを味わうべきだということを切に感じました。人間が人間に復讐をするということとはそういうものなのではないかと思います。普段あまり私のようにそういうことを考えていない人にこそ見ていただきたい作品です。

★20代女性 マユさんの感想 ★★★☆☆

 

原作をよんだことがあったので見ました。湊かなえらしいミステリアスな世界観が面白いです。松たか子演じる教師が突然辞職すると生徒たちに話した理由として、彼女の子供が学校のプールでおぼれて死んだ。これは事故といわれていたが実際は彼女のクラスの生徒が意図的に殺した事件であり、それを暴いていくという話ですが、最終的に殺した犯人の生徒の殺人を犯した結果を見たときは、原作でも知っていたが、映像化することによってより恐ろしい感じがでていてスリリングだった。

★30代女性 ほんママさんの感想 ★★★★★

 

予告からかなり衝撃的な内容でしたが、それを超えてくる展開と恐怖、最後までずっとハラハラドキドキ面白い映画でした。松たか子さんが珍しくブラックな影のある役所だったのも新鮮で面白かったです。生徒役の子達の演技も素晴らしかったと思います。松たか子さんの演技に置いてかれない掛け合いやシーンにとても引き込まれました。

★30代男性 アラスカ太郎さんの感想 ★★★★★

 

当方のスペックですが、小説は読んでいます。それでもこの映画はオススメです。話の筋を追うだけではなく、俳優のセリフで感情面まで説明する事もなく、淡々と話は進んでいきます。ハッピーエンドでなければ受けいれられな方にはオススメしません。

★30代女性 りよんさんの感想 ★★★★☆

 

少し人間の怖い部分があるけれど、結末が気になって最後まで目が離せない映画です。登場人物全員みんなちょっとズレています。まともな人間いたかな?という感じです。中学生徒がでてきますが、みんな子供だけど何故か恐ろしく感じてしまいます。でもやはり私は松さんに感情が入ってしまったので、応援していました。展開が多いのでドキドキするけど面白い映画です。

★30代女性 まいさんの感想 ★★★★★

 

自分の娘を遊び半分に殺した生徒にエイズの旦那の血を飲ませるというところがとても恐怖であり、面白いなと思った。松たか子の演技に引き込まれた。それぞれの子供の立場になって展開が進んでいくのも面白かった。残酷なシーンも多かったが、見せ方のせいで不快には感じなかった。木村佳乃の過保護さも、過剰ではあるがあんな過程もたくさんあるんだろうと思った。岡田将生の役柄も、よかった。

★20代女性 さくまagoさんの感想 ★★★☆☆

 

原作の淡々とした感じを松たか子がちゃんと表現してくれている。R15指定なので、映像的にショッキングなものはなかったが、ストーリーがかなりショッキングだった。娘が生徒に殺されるという内容もショッキングだが、更に殺した理由がショッキングだった。私にも子どもがいるので、もし子どもがくだらないバカみたいな理由で殺されたら…この先生みたいに冷静に復讐をできるだろうか?そんなことを考えながら観ました。犯人の生徒の環境も環境で、やはり何か犯す人にはそれなりの理由があると感じました。ずっと居心地の悪いストーリーが続きますが、最後まで居心地が悪かったです。しかし、悪い意味ではなく、それ自体がこの映画の醍醐味。そう思える居心地の悪さでした。

★30代女性 ジェシー!さんの感想 ★★★★☆

 

R指定作品なだけあって、「HIV血液入りの牛乳」や「実の母を爆弾で殺害」など最初から最後まで刺激的な表現が多いです。松たか子さんの淡々とした演技が特に印象に残ります。親に捨てられた人やいじめ、裏切りなど人間関係でひどく傷ついた経験のある人なら一度は頭の中で想像したことがあるような闇を描いていて、恐怖も覚える作品だと思いました。

★20代女性 ちひさんの感想 ★★★★★

 

映画のタイトルでもある「告白」がどのように出るのか何をするのか気になって見てましたが、ずっと同じようなシーンでどうなるのかなと思った時に、ラスト10分くらいの時の爆発シーンが映画的には面白く、怖く、心に残っています。最終的には重い、考えさせられるような内容の映画でした。松たか子さんの存在感がすごかったです。

★20代女性 めいさんの感想 ★★★★☆

 

見る人を選ぶ映画だと思いまいますが、もともと監督のファンなので演出はやはり素晴らしかったです。本来なら何とも言えないストーリーが、演出によってどこかファンタジー映画のように感じる映画です。また主演の松たか子さんの狂気を帯びた演技も怖いながらわくわくしました。橋本愛さんも中学生の役なのに大人びていて、そこがまた役にマッチしていました。

★20代女性 きらさんの感想 ★★★★★

 

湊かなえさんの小説が原作で、忠実な映像化だったと思います。松たか子さんの演技が臨場感があり小説を知らない人でも楽しめる作品だと思います。最後の場面で、松たか子さんが自分の娘を殺した生徒に対する復讐をする所が一番面白かったです。最後まで物語の展開に目が離せない作品だったと思います。

★30代男性 ogawaek3vtisさんの感想 ★★★★☆

 

原作との違いが賛否両論あるようですが、私は原作よりも映画の方が好きです。特に最後のセリフが色々な意味にとれ、見ている側に考えさせるような構成になっているのが好きです。「な~んてね。」のセリフ。映画内何度も出てくるセリフですが、最後のセリフは誰に向けたものでどのような意味を持たせているのかを考えさせられる内容となっているのが好きです。私自身、ハッピーエンドではない物語も嫌いではないので内容や結末に関しても楽しめました。

★40代男性 kenkenさんの感想 ★★★★★

 

湊かなえ原作の映画、いくつかのストーリーがひとつにまとめられ繋がっている綿密な内容の映画になっている、なかなか真実が見えてこない所に観ながら一緒に推理しながら観てみると面白く引き込まれていく、松たか子の演技が迫真に迫っている、子役の演技もうまい、ストーリーが進んでいくにつれ展開が変わり予想を裏切られる、ワンシーンは若干違和感があるが全体的に面白く見返してしまう、ちなみに幼い頃の芦田愛菜が出ている。

★20代女性 kodomosukiさんの感想 ★★★★★

 

小説から映画化された作品てテーマは復讐と深い闇です。物語が進むごとに衝撃的である意味忘れられない映画になります。内容はとても重く暗い話になりますが、人間のもろさや命とはどんなものか考えさせられます。罪は一生消えず被害者も一生残る傷となるのでストーリーはすごくよく出来ていて面白いです。中学生の方も見て欲しいですね。

★30代女性 あやさんの感想 ★★★★★

 

どんどん話に引き込まれていって鳥肌がたちました。娘を殺された復讐を、相手が小学生でも容赦せずに陥れていき、精神的にも崩壊させていく部分はすごいなと思ってみていました。とことん追い詰めていくやり方が、ただ殺すだけでは嫌で、殺すよりも残酷な方法をしていたのが衝撃的で面白かったです。

★30代女性 焼き芋さんの感想 ★★★☆☆

 

「告白」を書いた湊かなえさんが好きで見ました。映像化されるとこんな感じ?…と驚きました。読んだ感じとは少し違っていて、独特な感じでした。岡田将生さんの、熱心な熱血先生がうっとおしいくらいはまり役でした。とてもこの役にあっていたと思います。最後の最後までハラハラさせられるストーリーなので、最後がわかっていても見ていてドキドキして面白い映画です。

★30代女性 てっちゃんさんの感想 ★★★★★

 

映画前半の松たか子さんの長台詞には、ずっとヒヤリとしながら聞き入っていました。話を聞かない生徒たち、それを一瞬にして静まりかえらせたゾッとする台詞。子供を奪われた憎しみ。生徒の実験台にされた娘さんのプールでのシーンは、観ているこっちの時が止まったかのように体が硬直しました。湊かなえさんの作品で初めて出会ったのが、この告白です。それからは湊かなえさんの作品を読み漁りました。子供に見えても大人のような中学生。しかし、やること考えることはまだまだ子供。ずっと緊張感の漂う映画、でもそれが面白く釘付けになりました。

★20代女性 おはなさんの感想 ★★★★★

 

この映画は、映画かよりも先に本で読んでいたのですが、とにかく衝撃が多いです。娘の事件を受けて次々と復讐をしていく母親はとても冷酷そうに見えますが、娘を失った辛さを思うとなんとも言えない気持ちになりました。また、復讐の手順や方法がどれも衝撃的なものであり、少し怖いなというような内容ですが、ストーリがとても良くできていて、物語に吸い込まれる感じでした!

★20代女性 ちまきさんの感想 ★★★★☆

 

映像や音楽は綺麗なのにストーリーは残酷で、その対比が面白いです。俳優さんもそれぞれ素晴らしくキャラクターをとても上手く表現出来ていて、グッと引き込まれます。特に主演の松たか子さんの深い怒りを孕みでも冷静に語る姿はゾクッとさせられます。原作を読んだ人も読まない人にもわかり易いストーリーなので、ダークな世界観が好きな方は気に入ると思います。