スポンサーリンク

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』あらすじ結末とみんなの感想!見逃した方は・・・



洋画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の見所!

「ハリーポッター」シリーズの数年前を描く『ファンタスティック・ビースト』は3部構成を予定している新たなファンタジックアドベンチャー!

魔法使いのニュートと行動を共にする魔法動物が描く物語となりますが、見どころはやはり彼らの不思議でカッコイイ&カワイイ見た目ですね。

ワクワクさせてくれる魔法動物と、魅力あふれる登場人物、そして思わず引き込まれるストーリーのあらすじや解説をしていきましょう。

U-NEXTで『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をフルでみる

ワーナー ブラザース 公式チャンネルより

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のあらすじ。

 

アメリカにやって来たニュート・スキャマンダーは魔法使いであり、彼の持つトランクの中には多くの魔法動物が住んでいました。

 

その中の一匹が逃げ出したことで、普通の人間(ノー・マジ)のジェイコブに見つかり、その騒動を経て魔法の存在を人間にバレない様にするための機関であるマクーザの職員のティナに連行されてしまいます。

 

しかし、いつの間にかニュートのトランクがジェイコブのと入れ替わっており、そこから数匹の魔法動物が逃げ出してしまい、ニュートはジェイコブと彼らを探し回ります。

その際に再びティナがマクーザにニュートを連れていき、上官であるグレイブスがトランク内にいた「オブスキュラス」を発見するのでした。

 

オブスキュラスを身体に潜ませた子供はその力を暴走させたり、短命で亡くなってしまう…

そんな話がある中で、以前ニュートは他国でオブスキュラスを引き剥がすことに成功。

それをトランクに所持していたわけですが、グレイブスはその罪から死刑の対象としたのです。

ティナの妹のクイニーの助けもあってなんとか脱出をし、ニュートたちは最後の魔法動物を捕まえました。

 

一方、街ではオブスキュラスの暴走により建物や道路が崩壊…

その原因となったのがクリーデンスという青年。

孤児である彼を育てていた母親代わりの女性は、頻繁に暴力を奮っていたのです。

それに気付いたティナは一度、クリーデンスを助けたことがありましたが、騒ぎが大きくなってしまったために彼女は降格処分になったという経緯がありました。

 

オブスキュラスを秘めていたクリーデンスは力を暴走させ続けましたが、ティナの呼びかけに応えては耳を傾けます。

しかし、その力を解放させたのはグレイブスであり、彼の妨害により再び暴れ出してしまうのでした。

ニュートも加勢して止めようとしましたが、事態を収拾しにやって来たマクーザの職員によりオブスキュラスは消滅させられたのです。

グレイブスを捕らえる際にニュートが魔法を唱えると、彼は黒い魔法使いと呼ばれる指名手配犯のグリンデルバルトに姿を戻しました。

 

大きな事件が2つ解決しましたが、破壊された街の痕跡は大きく、このままだと魔法の存在が人間にバレてしまう…

そこで、ニュートはトランクで保護していたサンダーバードに頼み、魔法の存在を忘れる効力を持った雨を降らせます。

違う場所に放つ予定だったのもあり、サンダーバードとの別れを惜しむニュートですが、今度はジェイコブとの別れを堪えて再び旅を続けるのでした。

彼の魔法動物に関する本の執筆はもう少し時間がかかりそうです。

 

ワーナー ブラザース 公式チャンネルより

 

スポンサーリンク

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の見どころ

 

・ファンタジー溢れる魔法動物!

 

ファンタスティックビーストというタイトルにふさわしい、魅力あふれる「魔法動物」が一番の見どころですね!

 

例えば、ラストを飾ったサンダーバードは鷲のような形状で、身体が大きく、翼を大きくはばたかせて空を駆ければ雨を降らせます。

オカミーは蛇のように長い身体の表面を鮮やかな青色で彩り、部屋一つ分のサイズから紅茶用のポットのサイズまで伸縮させる力を持っている…

そのオカミーを子供の面倒を見る母親のように世話を焼くデミガイズ。

姿を消したり、少し先の未来を予知したりという力と、猿のような外見でふわふわとした眺めの白い体毛が印象的でした。

他にも小型なニフラーは金銭やアクセサリーといった光ものに目が無く、そのため勝手にトランクから出て行ってしまい、銀行へ忍び込むというドタバタ劇が!

お腹のポケットにはたくさんの光り物が入っており、その姿は愛くるしさもありましたね。

 

ニュートを守る魔法動物は空を飛び、瞬時に敵を攻撃するスウーピングエヴィルから、手錠を開けるための器用さを持つ緑色の植物状のボウトラックまで様々。

たくさんの不思議な魔法動物を楽しみつつも、色々な力を持っているそのファンタジーな世界観は、私たちを映画に引き込んでくれました。

 

・主人公と仲間たちの魅力

 

ニュートと今回のヒロインともいえる、ティナとの出会いはまさかの違反者扱い!

真面目な彼女と初めての地に降り立って色々と困ることの多かったニュートという組み合わせ…

そしてお茶目な雰囲気のある身なりのジェイコブも加わって独特のメンバーが集まることになります。

そこに魔法が加わり、姿を消すように瞬時に移動したり、記憶を部分的に失わせたりするのを上手く使ってストーリーを紡いでいました。

 

そんな中、ニュートの見どころといえば、サイのような大型の魔法動物のエルンペントを捕まえる際に見せた求愛のダンス!

大きくステップを踏みつつも動く様がシュールで楽しく、呆然と油断していたジェイコブが追いかけられる様も笑わせてくれました。

一方で、ジェイコブとロマンスの要素もあったのがティナの妹のクイニー。

心を読めてゆったりとした、たたずまいを持つ彼女が純粋な心を持つノー・マジに惹かれていく様は見ていてほのぼの…

しかし、最後には魔法の存在と共に彼女を忘れていしまうジェイコブの姿には涙を誘われます。

ニュートのおかげで夢だったパン屋を開業し、クイニーが店にやって来た時に

 

「どこかで見たような…?」

 

という面持ちをしていたのが印象的なラストを飾ってくれました。

 

・敵やオブスキュラスの脅威と役者について

 

魔法の存在を人間に知らしめようとする存在や、まさかのマクーザ内にいた裏切り者という敵は今作をハラハラさせてくれた展開に一役買っていましたね。

 

そして一番の脅威は強大なパワーを秘めたオブスキュラス。

 

映画内ではその力をフワフワと浮かぶ球状の、宇宙のような雰囲気を持った暗黒の魔法として表現していました。

ひとたびそれに取りつかれると力を暴走させて破壊をして回ると言う危険な存在。

その力を利用しようとグリンデルバルトが暗躍するのも頷けます。

また、クリーデンス役のエズラ・ミラーは「ジャスティスリーグ」というアメコミヒーロー映画のフラッシュ役として出演しており、そちらでは明るく楽しげな若者を演じています。

赤のスーツを身にまとい、高速で動き回るアクションは、今作とのギャップを楽しめるので一見の価値ありですよ!

 

・次回作が待ち遠しい!

 

グリンデルバルトを捕まえて一件落着となった今作ですが、次回作の予告には再び彼の姿が!

しかも、力や勢力を増して暗躍しているようで、彼を止めようと「ハリーポッター」シリーズでもおなじみのダンブルドアが登場!

若かりし彼とニュートの関係性も気になりますが、果たしてグリンデルバルトを止める事ができるのか…

また、ジェイコブが再び続編に戻ってくるというシーンもあるため、またティナとクイニーと共に活躍するシーンが見れそうです。

魔法動物も凶暴そうな見た目の大型動物や、幻想的な動物まで色々と登場するようなのでどういった力を見せてくれるか楽しみですね!

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年の11月公開ということで、前作のおさらいをしましたが…

改めて魔法だけでなく動物も加わったファンタジーな世界観にうっとりしましたね。

そして、笑いあり、冒険ありのストーリーとニュートを始めとした登場人物の個性豊かな様は見どころいっぱいでした。

まだまだ広がる展開が今後も楽しみです。

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』見逃した方は・・

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の配信状況

   配信サービス  無料お試し期間  配信状況
U-NEXT
 31日間 ◎
dTV
 31日間 ×
Hulu
 2週間 ×
music.jp
 30日間 ◎
FODプレミアム
 31日間 ×
TSUTAYA TV
 30日間 ◎

配信状況は2018年11月現在の情報ですので、
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』あらすじとキャスト!豪華吹き替え声優の共演!ダンブルドアは?
11/23に公開日が迫り、キャストの吹替の豪華声優陣も発表されて楽しみなファンタビ! ダンブルドアに森川智之、前作よりも敵として活躍するグリンデルバルドを平田広明、他にも江口拓也、森なな子、主人公は引き続き宮野真守が務めますので夢の共演を...
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ニュートの寮は?
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開し、『ハリー・ポッター』もロードショウで放映される中、「あれ?ニュートってハリーと同じ寮の出身なのかな?」と気になった方もいるかと思います。実はニュートはハッフルパフの出身であり、そ...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』みんなの感想!

★30代女性 ハリネズミさんの感想 ★★★★☆

 

登場する魔法動物たちが愛嬌たっぷりで可愛かったです。ハリーポッターシリーズと同じ世界観のお話なので、さらにあの不思議な世界をより深く知ることができ、嬉しかったです。また、今後きっとこれがハリーに繋がっていくんだろうなあとこれからの作品も楽しみにしています。本当にこんな世があったら素敵なのにと思わせられる魔法をかけられました。

★20代男性 ひつじ7さんの感想 ★★★☆☆ 

 

CGが繊細で魔法や架空の動物たちの動きがよかった。鞄が異世界につながっているというのは面白い。俳優のキャストもよかった。魔法で料理を作るシーンがあったがあの料理は現実にありそうでなかなかみたことがない。ああいう料理を考えて映画に入れたのは意趣がある。最後のシーンはハッピーエンドともいえる終わり方だったのでそこもよかった。

★20代女性 ゆいちゃんさんの感想 ★★★★☆

 

登場人物や時代背景は違いますが、ハリー・ポッターシリーズと同じ世界観なのでハリー・ポッターシリーズが好きな方にはめちゃくちゃおもしろいと思います。今回は古いアメリカが舞台なので、アメリカの街並みがみていて楽しかったです。また、主人公のニュートが飼っている魔法生物たちや、彼のトランクの中に広がる世界がワクワクしました。大人向けのハリー・ポッターって感じがします。おもしろいです!

★20代女性 ranさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターは全作、単行本でも映画でも見ていました。正直ファンタスティックビーストにはあまり期待していませんでしたが、予想以上に悪役のグリンデルバルトや、魔法書籍など、ハリーポッターでも聞いたことのある内容も所々出てきて、ハリーポッターファンは絶対に楽しめると思います。

★50代男性 ヤスさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターの世界のスピンオフ映画ですが、風味が違って割と大人チックな出来上がりだったと思います。主役のエディ・レッドメインも良かったです。続編の制作の話もありますし、3作目の脚本を執筆中という話もネットで飛び交っています。ハリーポッターにあった『閉塞感』がない感じのストーリーがとても面白かったと思います。是非2作、3作目も見てみたいと思っています。

★30代女性 あやこさんの感想 ★★★★☆

 

ハリーポッターシリーズが好きな人は絶対好きだと思います。魔法を使っているところとかのCGがすごくキレイだし、現実世界と魔法世界の行き来の感じが夢があって楽しいです。ストーリーも、昔の時代設定なのに、すごく引き込まれる作りで、もしかしたら自分の周りにも魔法世界があるのではないかと思わせる感じがすごく好きです。

★40代女性 まかろんさんの感想 ★★★★☆

 

映像もクオリティが高く、ハリーポッターとはまたひと味違う世界観があり、魔法生物が逃げたしてしまった事から始まる様々なトラブルは、パン屋との良い出会いもあり、人間と魔法生物等との共存など、今の現代に置き換えれば、私達からすれば正当な生活であっても生き物等側からすると違ったり、価値観や視点も考えさせられるものがありました。ただ、たんに面白いというのではなく、引き込まれる奥深さがあり、映画館で観るとより感じられると思います。最後には感動的なシーンもあるので心が温まります。

★30代女性 つきさんの感想 ★★★★★

 

まず私はハリーポッターシリーズを原作から読んでいて、映画を見た際に世界観がとても良く再現されていたことにとても感動しました。ただ、映画では作品を重ねるごとに原作の魅力を出し切れていない感じがする部分があり、だんだんと私の思う世界観とズレが出てきてしまったのです。そんなこともあり「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が公開されると知った際、こちらは原作を読んでいませんでしたが、なぜか映画を見る気にはなっていませんでした。しかし、先日夫に勧められ見てみたところ、ハリーポッターの世界ではあるけれど、また少し違った雰囲気があふれる世界観でもあり、主人公の青年のどこか子供っぽいところと裏腹に少し影を思わせるような大人な雰囲気にとても引き込まれていきました。色々な魔法動物が出てくるのですが、その動物たちがファンタジーではあるけれど、とてもリアルに演出されていたところも良かったです。どちらかというと大人も楽しめる魔法の世界という感じがしてとても面白かったです。

★10代女性 nanoさんの感想 ★★★★☆

 

もともとハリーポッターシリーズが好きで、バックグラウンドストーリーや隠されたトリビアなどに着目しながら見ることができてファンならではの楽しみ方ができました。また、吹き替え声優の宮野真守さんは今回初めて知りましたがファンタジーの世界観にぴったりで素晴らしい演技だったと思います。原作好きの方には是非見て欲しい作品です。

★20代女性 きなこもちさんの感想 ★★★★★

 

個性的な魔法動物がたくさん出てくる所と、主人公ニュートを始め主要キャラの4人が様々なアクシデントに巻き込まれながらも徐々に仲良くなっていくのが見ていて楽しいです。また、面白いという点とはズレているかもしれませんが、終盤のグレイブス長官の正体がわかる場面が個人的にとても衝撃的で驚いたので必見です。映画館にいた人の多くがその正体にびっくりして声を上げていました。

★30代男性 マイクさんの感想 ★★★★☆

 

主人公のニュートはふんだんはちょっととぼけた天然的な感じですが、魔法を使うときにはキマッた表情というギャップが面白かったです。そして、ラストにニュートはジェイコブがパン屋を開けるように匿名で支援し、クイニーがパン屋を訪問した際にジェイコブがクイニーを見て微笑みを浮かべるシーンがとても印象的でよかったです。

★40代女性 ポリーさんの感想 ★★★★☆

 

エディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーのキャラクターがとてもよかったです。どこか天然な雰囲気でナイーブな感じ(あの外見もとてもいい)、しかし、魔法動物への愛情は人一倍。のちに奥さんとなる(はずの)ティナ・ゴールドスタインのまだまだ淡い関係も人間ジェイコブ・コワルスキーとの友情も見ていてすごく心温かくなりました。

★30代男性 アラスカ太郎さんの感想 ★★★★☆

 

既に完結していますが、ハリー・ポッターシリーズを見ている必要がありません。観ていなくとも話についていけます。不思議な生き物の魅力は他の人が語ってくれると思いますので、別視点から。1900年代のはじめのころの話ですが、当時のファッションを再現しており、登場人物がオシャレです。その観点からもこの話は楽しめるかと思います。結果的にアカデミーの衣装部門を獲得してますし。

★30代女性 まぐかっぷさんの感想 ★★★★★

 

可愛くて奇妙な魔法生物が沢山出てくる所が面白かったです。この生き物はこんな行動するんだ!と驚いたり、くすっと笑えるようなシーンも沢山ありました。また、準主役ともいえる、魔法使いじゃない普通の人間のジェイコブがとても良いキャラクターで、魔法に対して素直に驚きながらも受け入れて協力するところが良かったです。

★20代女性 餅のおにいさんさんの感想 ★★★★★

 

ファンタジーな世界観が好きな人なら絶対にはまると思うほど、世界観がしっかり作られていて、不思議な生き物の動きや住んでいる場所などがとても詳細に描かれているのでとても面白い。話の内容もハリーポッターに近しいものがありつつ主人公と仲間たちとの交流がまた大幅に違い楽しいと思う。魔法のアクションシーンも大迫力でかなり見ごたえがあります。心優しい主人公に心が動かされる人物などもいて、感動もあると思う。

★20代女性 きらさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターのスピンオフとして、ところどころハリーポッターの物語と関係しているところがあて面白いなと思いました。また、舞台がイギリスかららアメリカとなり、時代背景も違うところで、魔法使いと人間との関わりが描かれていて感動します。主人公がこれからどのようになって、ハローポッターの物語と繋がるのかも見所の一つだと思います。

★30代女性 ちかさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターが好きな方には好まれる作品です。私はハリーポッターが好きなのですごく楽しかったです。ハリーポッターとは話しが繋がってはないのですが、同じ世界感で、ハリーポッターのときには出てこない魔法動物が沢山出てきたり、魔法動物が脱走したり、捕まえたり、ハラハラする内容でした。

★20代女性 q0zpjvさんの感想 ★★★★★

 

魔法動物の世界観が不思議で可愛らしいところが惹かれます。1度で良いからあの世界に行ってみたい、動物に触れてみたい、きっとあの動物パンが実際に販売されたら売れるだろうなと思います。ちょっとピーターパンみたいなところもありますが、主人公が純粋で憎めないところが良いです。続編が出るようなので、絶対観たいと思えるおすすめの映画です。

★30代女性 tomさんの感想 ★★★★☆

 

私は元々魔法などのファンタジーものが好きで、ファンタスティック・ビーストにもワクワクしました。この映画では、魔法がたっぷり出てくるので堪能できます。ハリーポッターの約70年前のアメリカが舞台ということで、世界観にも引き込まれます。魔法使いとノーマジの関係や、逃げた動物を捕まえるところなどハラハラする場面もあり、見所がたくさんあります。

★20代女性 ももさんの感想 ★★★★☆

 

ハリーポッターシリーズよりも前の、1920年代のアメリカという設定のため、魔法界とマグルの関わり方や使用している単語の違いがあり、面白かったです。ま主人公のニュート・スキャマンダーはハリーポッターで使用されていた教科書「幻の生物とその生息地」の著者とされており、実際に彼がどのような生物と、どのような暮らしを送っていたのかを見ることができます。ニュートが生き物を通してトラブルにどんどん巻き込まれていくストーリー展開はハラハラドキドキです。

★20代女性 ahagiyaさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターとは少し違うイメージですが、魔法が沢山あって、面白かったのと、そこに出てくる生き物が可愛いので、観ていても楽しいし、登場人物や生き物たちに注目できます。また、魔法使いのスピードなどもすごく注目できます。最後に出てくるパン屋さんが作るパンがその生き物達で、それがクオリティーが高く、作ってみたくなるくらいでした。

★30代女性 黒ごまさんの感想 ★★★★★

 

ハリーポッターが好きな方は絶対面白いと思うはずです。ハリーポッターに関連するシーンも出てくるのでワクワクします。もちろんハリーポッターを観ていない方も楽しめます。キャラクターもストーリーも世界観もしっかり確立されており物語に入り込めます。複雑なストーリーではないので分かりやすいです。家族みんなで楽しめる映画だと思います。

U-NEXTで『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をフルでみる
本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。