スポンサーリンク

セブンのあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?無料視聴情報あり!ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンが連続猟奇殺人事件に挑む!

洋画

セブン 予告動画

U-NEXTで『セブン』をフルでみる

セブン あらすじ

 

【映画「セブン」(“SE7EN”と表記されています)】

デビッド・フィンチャー監督、そして、ブラッド・ピッド、モーガン・フリーマン共演によるサイコサスペンス映画です。

 

キリスト教の「七つの大罪」(大食・強欲・怠惰・肉欲・高慢・嫉妬・憤怒)の各ワードになぞらえた連続殺人事件を追う、ベテラン刑事・サマセット(モーガン・フリーマン)と、気性の荒い新人刑事・ミルズ(ブラッド・ピッド)の姿を描いています。

 

ストーリーの最初は、あり得ないほどブクブクに太った男が手足を縛られたままスパゲッティーに顔を突っ込み殺害されるという事件から始まります。

 

サマセットは、「定年を1週間後に控える私が手掛ける事件ではない。」と難色を示しますが、次に、有名な法廷弁護士が腹部の贅肉を1ポンド切り落とされて殺害されるという事件が起きます。

 

現場に血糊で「強欲」の文字が残されており、先の殺人現場の冷蔵庫の裏に「大食」という文字が残されていたことから、犯人が「七つの大罪」に基づき計画的に殺人を行っていることにサマセットは気付きます。

 

徐々にこの連続殺人事件解決への意欲が増してくるサマセット。

 

ミルズの妻・トレイシー(グウィネス・パルトロー)から3人での食事に誘われ、ミルズとも次第に心が打ち解けてきます。

 

しかし、事件は続きます。

 

次に、ベッドに縛り付けられた干からびた蝋人形のような人物が発見されます。

現場に残された写真の日付から、被害者は1年間縛り付けられ、ちょうど1年後に警察が現場に踏み込むよう計算して殺害されたものだと判明します。

 

現場には「怠惰」の文字が。苛立つミルズ。

しかし、あらゆる手掛かりを頼りに、サマセットがある一人の男の住所を突き止めます。

 

その男は図書館で、「七つの大罪」に関わる書物を多数借りていました。

その履歴から、その男の居場所を突き止めたのです。

追い詰めた2人。

 

しかし、たまたま帰ってきたその男が拳銃を発砲し、逆にミルズが怪我を負うことになってしまいます。

引き続きその男の住居を捜索していると、一本の電話が鳴ります。

その男からでした。

 

ミルズが電話に出ると、「感心したよ。どうやって私を見付けたのかは知らないが見事だ。

君たち警察には頭が下がる。

今回のことでちょっとした狂いが生じたので、予定を変更することにした。

一言君たちを褒めたくてね。

もっと話したいが楽しみは後に取っておこう。

と謎のメッセージを残してその男は電話を切りました。

 

そして次の死体が発見されました。

娼婦です。

陰部への殺傷でした。

現場には「肉欲」の文字が残されていました。

 

次々に遂行される計画的な連続殺人。

次の日には、鼻を削がれ顔を切り刻まれたモデルの女が発見されました。

手には電話と睡眠薬。

その顔のままで良ければ助けを呼べ、さもなくば死を選べ、という猟奇的なものでした。

現場には「高慢」の文字が。

これで5人です。

 

すると、あと2つ事件は起きると推察する2人の前に、何と犯人が白昼堂々自首してきたのです。

そのサイコキラーの名前は、ジョン・ドウ(ケビン・スペイシー)。

更に、彼の弁護士は、「ジョン・ドウはあと2人の死体を隠していると言っている。」と語り、「ミルズとサマセットの2人を今日6時、その場所に案内する。もしこの申し出を拒否する場合、我々は精神異常を主張する。ただし、条件を呑めば全面自供をする。」と告げられました。

 

条件を呑んだ2人。

死体を隠してあるという現場へ向かう車の中で、ミルズに向かい、「君に見せるのが待ち遠しいよ。素晴らしい結末だ。」と挑発するジョン・ドウ。ミルズは苛立ちます。

 

そして、何もない荒野の高圧線の鉄塔に着くと、しばらくして運送屋が一つの箱を持って来ました。

運送屋と接触するサマセット。

荷物は、ミルズ宛てでした。一方で、ミルズに独白するジョン・ドウ。「本当に君が羨ましかった。

可愛い奥さんもな。

今朝、君の家にお邪魔した。平凡な夫の平凡な暮らしがどんなものか味わってみたくて。

だが、失敗だった。

そこで、土産を貰ってきた。と。

 

何と、サマセットが開けた箱の中身は、ミルズの妻・トレーシーの生首だったのです。

「嫉妬(六番目の罪)は私の罪だ。憤怒(七番目の罪)しろミルズ!!」とジョン・ドウ。

「撃つなミルズ!! 銃を捨てろ!! コイツはお前に撃たせたいんだ!! もしコイツを殺したらコイツの勝ちだ!!」とサマセット。

 

錯乱するミルズ。

しかし、ジョン・ドウから、実はトレーシーがミルズの子を身籠もっていたことを聞かされると、それを知らなかったミルズの怒りは沸点に達し、涙しながらジョン・ドウを撃ってしまうのでした。

 

こうして、「七つの大罪」になぞらえた連続殺人事件は、ジョン・ドウの思惑どおり、救いようのない最も最悪な形で終結します。

 

スポンサーリンク

セブン 感想

★40代女性 桃菜さんの感想 ★★★★★

 

観ている側は、とにかく始まりから終わりまでずっと何か肩の上に重い物を乗せたように感じながら進んでいくという表現がとても適してる映画だと私は思います。ストーリーも、冷静なベテラン刑事と血の気の多い若い刑事が、いわば相棒となって殺人事件の謎を追っていくというわかりやすいものとなっているし、聖書の引用など日本では馴染みがあまりない物を取り上げてる題材の割には、殺人の動機や犯人の残すキーワードに対しての疑問ばかり、どんどん休む暇なく頭に浮かんでくるので、ぐいぐいとストーリーにのめり込んでしまうところは、この脚本家さんは本当に素晴らしいと感じました。ラストは賛否両論あると思いますが、私はあのラストで腑に落ちました。万人にオススメ出来る映画とは言い難いですが、この手のお話が好きな人には絶対観てもらいたいと思います。一度観たら、きっと何度も観たくなってしまう中毒性のある映画というのが、個人的に感じました。

★40代女性 おめぐさんの感想 ★★★★★

 

七つの大罪をもとに残酷な猟奇犯罪を繰り広げる犯人に、ブラッド・ピット演じる新米警官が立ち向かうストーリー。映画は全体的に薄暗い印象だが、ストーリーがしっかりしていることと、ブラピとモーガン・フリーマンの演技が素晴らしいことから、とても引き込まれる。ラストは、今まで観てきた映画の中でもかなり上位に入る程の衝撃。そして、何度観てもブラピの表情に涙してしまう位素晴らしい作品。

★20代女性 smileymomoさんの感想 ★★★★☆

 

「七つの大罪」をベースに、次々と猟奇的殺人が起き、その犯人をブラピが追うというサイコ・スリラー映画でした。この映画を観て一番印象に残っているのは、やはり最後のシーンです。なにより衝撃的で、とにかく救いようがない…。映画を観てる最中はハラハラしながらも次の展開を楽しみにしているのですが、衝撃のラストのおかげで観終わった後は後味が悪く、暗い気持ちになりました。ただ、そんなラストなだけに、様々な解釈が浮かび、気分が落ちるとわかっていても、なぜかまた観てしまう不思議な魅力を持った映画だと思います。

★40代女性 みかりんさんの感想 ★★★★★

 

「セブン」って、観るまで意味がわからなかったが、題名にメッセージがあることを知った。それを知ってからは、次はあの罪かな?と、予測ができたのも面白かった。ブラピがカッコいいだけじゃなくて、良い演技するなぁと初めて思ったのもこの映画だった。映画の中のピザを食べ続けるシーンが今でも忘れられない。最後の贈り物は衝撃的で、ブラピがかわいそうで泣けた。むごすぎる。

★20代女性 ちゃまさんの感想 ★★★★★

 

ブラッドピット&モーガン・フリーマンの熱演が素晴らしかったです!連続殺人事件がとても猟奇的で、ハラハラドキドキしながら見入ってしまいました。犯人のサイコパスな感じがとても怖く、印象的でした。重たい映画なので、見る人の好みはありますが、私は文句なしに面白かったですよ!ラストシーンは衝撃的だったので、ぜひネタバレを見ずにみてほしいです!

★20代女性 かごめさんの感想 ★★★★★

 

難解で異常で狂気的な殺人事件は、観ていて気分が悪くなりそうでしたが、その世界に引き込まれていきました。殺害現場や寝たきりにされた状態は非常にリアルです。ブラッドピッドの若くて熱い警察官とモーガンフリーマンのベテランで落ち着いた警察官の対比も見所です。演技、演出、セットともにクオリティの高い作品です。ラストの展開には、いたたまれない気持ちになりました。

★30代女性 おまめさんの感想 ★★★★☆

 

猟奇的連続殺人事件が題材ですが宗教感がなくても理解しやすく、怪しい雰囲気、展開、スピード感と引き込まれる作品です。血気盛んな若い刑事と冷静に物事捉えるベテラン刑事のコンビのバランスもよく犯人も最後にわかるのですが自分が想像してた犯人像より一層、ミステリアスで魅力的でした。上々、描写が過激ですがサスペンスが好きな方は是非見て頂きたい作品です。

★50代女性 柊さんの感想 ★★★★☆

 

緻密に練られたストーリーに最後まで引き込まれました。脚本の巧みさと俳優陣の名演が忘れられない映画です。陰影を際立たせた陰鬱な映像は今観てもクール。人間の弱みをこれほど非情に浮き彫りにした作品は、ちょっと他に思いつきません。これは希望の物語なのだと解釈しましたが、キリスト教圏の人々はどのようにとらえるのだろうとふと思いました。

★30代男性 朧月さんの感想 ★★★★☆

 

ブラッドピット・モーガン・フリーマンというハリウッドのトップ俳優が共演した快作です。犯人を追いかけるにつれて、荒っぽい新米刑事のブラピと定年間際のベテランのモーガンが共鳴していく様が素晴らしい。全体的にダークでミステリアスな空気感が流れていて、むごく残忍な場面も多いので多少見る人を選ぶかもしれませんが、オススメできる作品です。

★40代男性 shuranさんの感想 ★★★☆☆

 

この作品、観る方によって、好みがかなり別れると思います。サスペンス、サイコスリラーなどの作品が好きな方にはかなり楽しめますが、グロテスクなどの表現が苦手な方は、間違いなく観ないほうがいいです。ストーリー、映像などとは別に、名優、モーガンフリーマンの演技が際立ってます。あの、ブラッドピットが影薄く感じました。

★40代男性 アッキーさんの感想 ★★★★★

 

最初観たときの衝撃は忘れない。なにか意図があるような不可思議な殺人から始まるこの物語。徐々に犯人の意図が見えてくるが、真の目的を知った時の主人公二人の苦悩は察するにあまりある。作品開始当初からの雰囲気・映像効果、徐々に犯人の意図が見えてくる展開、衝撃のラスト…。一秒たりとも目が離せない展開は、今でも好きなTOP10に入っているぐらい好きな映画です。

★30代女性 あるまじろんさんの感想 ★★★★☆

 

まず特筆すべきなのは犯人であるジョンの頭脳の高さだと言えます。彼の行いは全て計算されたうえでのことで、正体や動機などが不明な所がより不気味さを際立たせています。映画の作りも無駄がなく、見終わった時には何ともやり切れないが、物語にちりばめられていたピースが綺麗に収まってパズルが完成したような不思議な感覚を味わえます。

★40代女性 harururunさんの感想 

 

観たのは、話題になったのは随分と昔になります。実際にあったバラバラ殺人の影響になったと言われた映画です。とにかくグロく、えげつない映画でした。映画の最後は、犯人のとの決闘中にブラピにダンボール箱が届き、中を見るとブラピの奥さんがバラバラにされて箱に入れられて届いた、目の前の犯人によって。それはもう衝撃で、こんな映画があるから猟奇的殺人が起きるのにと思っていた。観た後は気持ちが重くなります。

★20代男性 Sayuさんの感想 ★★★☆☆

 

ブラッドピッドのファンで、彼の出演作を網羅しようと視聴しました。七つの大罪をテーマとしていたことは予備知識として知っていました。率直な感想として、迫力満点の映像は見応えがあったのですが、登場人物、特に犯人の心理をもっと深掘りしてほしかったです。最後の最後まで犯人が主導権を握っている進行で、警察の立場ってなんなんだろう、とモヤっとしました。

★30代女性 たこやきさんさんの感想 ★★★☆☆

 

ミステリー物が好きなのと「七つの大罪」を元に進行して行くストーリーですので観てみました。個人的にはあっという間にあの映画の世界に吸い込まれるように、入り込むように観ていました。決して爽快とは言えない内容ですが、そこは俳優さんの演技…というのでしょうか?ダラダラと疲れる印象もなく話が進んだと思っています。結末などは是非実際にご覧になって頂きたいな、と思う作品でした。観たあとも自分なりの考察などが楽しいと思います。ただひとつ、後味が良いかどうかは………やはりこれも「人による」のですが、私個人としては後味はいいものではありませんでした。

40代女性 青空に虹さんの感想 ★★★☆☆

 

とても後味の悪い映画。だが観終わると、伏線を確認したくなり、再度観かえしたくなる。キリスト教の文化に馴染みの薄い人には、理解出来にくい事も多く、表面だけを観るとただのサイコホラーになってしまう。日本ではブラッドピッドに釣られて観たものの、深く理解出来ない人が多かったのか、評価はあまり芳しくなかった。カット割りや効果の使い方が独特で、世界観の表し方はデイビットフィンチャーらしい。

 

セブンの配信状況

   配信サービス  無料お試し期間  配信状況
U-NEXT
 31日間 ◎
dTV
 31日間 ×
Hulu
 2週間 ×
music.jp
 30日間 ×
FODプレミアム
 31日間 ×
TSUTAYA TV
 30日間 ◎

本ページの配信状況は2018年11月現在の情報ですので、
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

U-NEXTで『セブン』をフルでみる