スポンサーリンク

レッド・オクトーバーを追え!のあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?無料視聴情報あり!

洋画

レッド・オクトーバーを追え!予告動画

U-NEXTで『レッド・オクトーバーを追え!』をフルでみる

レッド・オクトーバーを追え!キャスト&監督

出演
(マルコ・ラミウス艦長)   ショーン・コネリー
(ジャック・ライアン)    アレック・ボールドウィン
(バート艦長)        スコット・グレン
(ボロデイン副艦長)     サム・ニール
(ジェームズ・グリーア提督) ジェームズ・アール・ジョーンズ
(イヴァン・プーチン行政官) ピーター・ファース
(ペトロフ軍医)       ティム・カリー
(ジョーンズ水兵)      コートニー・B・ヴァンス
(ツポレフ艦長)       ステラン・スカルスガルド
(スキップ・タイラー)    ジェフリー・ジョーンズ
監督            ジョン・マクティアナン
[ad]

レッド・オクトーバーを追え!あらすじネタバレあり。

マルコ・ラミウス艦長が指揮する、ソ連の誇る最新原子力潜水艦レッド・オクトーバーが、アメリカ東海岸に接近した。
アメリカ政府は、ラミウスの狙いはアメリカ攻撃だと判断する。だがCIA分析官だけは別の見解を示す。ラミウスは亡命しようとしていると言うのだ。だが自説を証明するためには、あと数時間の余裕しかない。
なぜならソ連の海軍と空軍が総力をあげてレッド・オクトーバーを追っているから。
かくして大西洋は海戦の場と化した……。                      amazonより引用
この映画は米ソ冷戦の頃の古いイメージの設定で、何の情報も入れず昔見たのですが、あら、こんな面白い映画あるのか!!と当時思いました。改めて今日見てみたらほんと綿密なシナリオと名優たちの好演で、最新のCGを使った映画もいいですが、この映画しょっぱなから引きずり込まれます。特に海中の潜水艦のシーンは独特な緊張感、閉塞感があり、もし自分がそこにいたらと思うとぞっとします。
眼下の敵というたしかロバート・ミッチャムがでてた、駆逐艦と潜水艦の1対1のとても面白い映画がありましたが、潜水艦ものはそれだけでわくわくします。

映画レッド・オクトーバーの構図としてはラミウス艦長(ショーン・コネリー)率いるソ連の最新鋭タイフーン型原潜の改良型レッドオクトーバーと、米国のロサンゼルス級攻撃型原潜ダラスの追っかけっこに、アメリカへの亡命を画策してるレッドオクトーバーを、アメリカに渡さんとするソ連の100隻を超える艦船、そしてアメリカ上層部はレッドオクトーバーによるアメリカへの攻撃を懸念している中、一人のCIA分析官ジャック・ライアン(アレック・ボールドウィン)だけがラミウス艦長の意図を亡命だと察知しなんとかそれを成功させようとする。

もっと簡単に言うとレッドオクトーバー対アメリカ&ソ連。そこにCIA分析官が絡むという感じです。
レッドオクトーバーは全長216メートルとでかくて、例えると第二次世界大戦中の空母くらいでかいとのこと。
  レッドオクトーバーより
  レッドオクトーバーより
この映画にも登場する、1960年にアメリカの世界最初の原子力空母エンタープライズが就航したときは330メートル程だと言いますので、潜水艦としてはかなり大型なのでしょう。
ちなみに現在日本が誇る通常動力型の最新鋭潜水艦そうりゅう型が84メートルと記載されてるので、レッドオクトーバーが馬鹿でかいのが分かります。
なぜレッドオクトーバーがソ連にもアメリカにも重要かというと、そのシステムが凄いのです。キャタピラードライブという無音推進システムを搭載しているので、アメリカのソナーにもひっからず例えばニューヨークに核弾頭200発置いてきても爆発するまで誰も気づかないという事です。
潜水艦前方から水を取り入れ後方から噴射して進むので動く部分がなく音が静かで、アメリカ海軍のソナー(音響探知機)でも探知できず、できたとしてもクジラが泳いでる音にしか聞こえないとのこと。
なのでラミウス艦長が亡命しようと知ったソ連は、何が何でもレッドオクトーバーをアメリカには渡したくないという事で血眼になって追いかけるのです。
この映画の面白いところは複数の艦船の絡みや、アメリカ対ロシアの思惑をはらんだ駆け引きに加え、実際に対峙している艦同士の緊迫した駆け引きもみものです。
ラストネタバレになりますが、途中からアメリカはラミウス艦長の亡命を理解し味方に回りますが、後半は艦内のソ連のスパイとソ連海軍のアルファ級潜水艦コノヴァロフとの一騎打ちになります。コノヴァロフが撃った魚雷をコノヴァロフにお見舞いするエンディングですが、レッドオクトーバーを撃沈したとソ連に思わせ、アメリカがレッドオクトーバーをもらっちゃいます。無事ラミウス艦長は亡命成功で終わります。
[ad]

レッド・オクトーバーを追え!皆の感想。

★40代女性 akiakijaさんの感想 ★★★★★

 

ショーン・コネリーが大好きでこの映画も映画館まで観に行きました。潜水艦という閉鎖された逃げられない空間の中で様々な困難に立ち向かっていく姿がとても魅力的です。閉鎖空間だからこその濃い人間関係、そこから生まれる友情、人間ドラマとしても素晴らしいです。ほとんどが潜水艦の中での映像なのですが最後まで全く飽きず、その後もDVDを借りて観たほどです。

★50代女性 haruさんの感想 ★★★★★

 

ハリウッド映画のような派手なアクションがない分、緊張感に満ちた潜水艦同士の戦いには息を殺して見入ってしまう迫力がありました。そんな重厚な雰囲気にピッタリのショーン・コネリーの渋い演技も素晴らしかったです。演技どころか、存在しているだけで映画の方向を決めてしまう俳優の底力というものを初めて実感した瞬間でもありました。

★40代男性 コトエさんの感想 ★★★★★

 

映画界において、潜水艦という状況設定が市民権を得ることになった不朽の名作です。迫り来る敵国の潜水艦の目的は、攻撃なのか、それとも?という緊迫した状況下でストーリーが進んでいきます。本作を名作たらしめている点は二点あります。一つは、潜水艦という密室下で繰り広げられる知能戦と心理戦。もう一つは、敵国同士で、会ったこともない二人の男達がともに平和を願い、信頼関係を築き上げていく点です。ラストに二人の男達が遂に出会うシーンは、爽やかな感動と信頼する勇気の大切さを教えてくれます。

★50代女性 れいこさんの感想 ★★★★☆

 

ソ連とアメリカという時代のストーリーでショーンコネリーの艦長役がとにかくカッコいいです。静かに進む潜水艦レッドオクトーバーを重く指揮するショーンコネリーの演技は重圧感があってとても良かったです。政治的なところも入っているので見ていて飽きません。相手役のスコットグレンもいい演技をしていて作品全体がベテラン俳優でまとまっていてとてもよかったです。

★30代女性 あるまじろんさんの感想 ★★★☆☆

 

米ソ冷戦時代を表しているかのようにアメリカとソ連の息の詰まるような駆け引きが楽しめます。設定ではロシア語を話しているのかもしれませんが、物語の中でソ連兵が英語でペラペラ会話しているのがリアリティにかけるなと思います。それを除けば船長の謎の行動を解くミステリー要素もありますので、重厚な映画好きな人向きの作品だと思います。

 

レッド・オクトーバーを追え!の配信状況

   配信サービス  無料お試し期間  配信状況
U-NEXT
 31日間 ◎
dTV
 31日間 ×
Hulu
 2週間 ◎
music.jp
 30日間 ◎
FODプレミアム
 31日間 ×
TSUTAYA TV
 30日間 ◎

本ページの配信状況は2018年11月現在の情報ですので、
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

U-NEXTで『レッド・オクトーバーを追え!』をフルでみる