スポンサーリンク

君はいい子のロケ地は?あらすじ(ネタバレ有)感想、結末は?

邦画

君はいい子 予告動画

U-NEXTで『君はいい子』をフルでみる

君はいい子のロケ地は?

君はいい子のロケ地ですが、小樽の何気ない風景がいいです。

君はいい子のロケ地は↓の小樽観光案内所スタッフブログに載っていますので

ぜひご覧になってください。

小樽観光案内所スタッフブログ

君はいい子 あらすじネタバレ

 

オープニングには仏壇の水を新しいものに交換する女性が出てきます。この女性の名前は「あきこ」です。戦争で弟をなくし、その後あきこは結婚しましたが、離婚し両親が遺してくれた家に一人で暮らしています。

 

ある日、あきこがお茶を飲んでいるとインターホンが鳴り引き戸を開いたとたんに若い男性が「申し訳ありませんでした」と大声で謝ってきました。最近この付近の家に小学生がピンポンダッシュをしていると小学校に苦情が来たので謝りに来たと話すこの男性は、あきこの家の近所の桜ヶ丘小学校の新米教師「岡野匡」です。

 

彼が担任をしている四年二組では、このところ「小野君」という男子生徒がおもらしをしてしまう事が気がかりでした。優柔不断な性格の岡野は、自分のクラスを上手くまとめている自信がありません。専業主婦の雅美は夫が海外に単身赴任しており、三歳のあやねと二人でマンションに暮らしています。

 

外では穏やかなママを装いつつ、家ではあやねに厳しく怒ってしまう一面があります。雅美がマンション近くの公園で、見た目も華やかでおしゃれなママ友と新しく近所に出来たカフェの話をしていると、ヤボったい服装でやたら明るい大宮陽子がやって来ます。ママ友も雅美も少し陽子の天真爛漫なところが本当は苦手です。

 

この映画は主に「岡野」「あきこ」「雅美」の物語が少しずつ順番に進みます。

 

さて、岡野が受け持つ四年二組では、給食のパンをちぎって口に運ぶお嬢様キャラの清水の事を他の女子が「気持ち悪い」とクラスの友達に手紙を回して影でからかっています。そして男子は授業中に一人がトイレに行きたいと言うと他の生徒も行きたがって常にクラスが騒がしい状態が続いています。岡野は「本当にトイレに行きたい人だけ行きなさい」と生徒達に話しますが、その言葉を聞いて暗い顔をしている生徒が居ました。

 

一方の雅美は、陽子が押していたベビーカーをあやねが「自分も押してみたい」と言い出しますが、上手くベビーカーを押せず、結局ベビーカーに乗っていた赤ちゃんが泣き出します。帰宅した雅美は「余計なことをするな」と激しくあやねを叩きます。雅美はあやねの消極的なところ、どんくさいところが目につく度に家であやねを叩いているのでした。

 

そしてあきこはスーパーで万引きをしたと店員に疑われ自分は認知症かと心配しますが、家には「ちょっと不思議なお客さん」がやって来ます。

 

皆まっすぐで不器用に生きているけれど誰もが「いい子」

 

ありのままの自分を誰かに抱き締めてもらいたいと願う大人と子供の物語。

 

スポンサーリンク

君はいい子 感想

★20代女性 がじゅまるさんの感想 ★★★★★

 

大切な人をぎゅっと抱きしめたくなる映画です。そして、これは映画の中だけでなく、今この社会の中で起きている現実をとてもリアルに表現しています。児童虐待の多くは、実母によるものです。もちろん子どもに全く罪はありません。子どもは目一杯愛情をもらうべきです。けれど、母親は?母親は必死に子育てをして、必死に子どもと向き合おうとして、だけどだんだんうまくいかなくなって、どうしようもなくなって子どもに手をあげてしまいます。母親に愛情をあげれるのは誰なのでしょうか。今を必死に一生懸命生きている全ての母親をぎゅっと抱きしめてあげたい。そんなことを思う映画です。

★30代女性 ゆうさんの感想 ★★★★☆

 

母親の葛藤や母子の関係が痛いほど伝わってくる作品でした。新米教師の苦悩など、現代のあらゆる人間関係の問題が組み込まれたストーリーで考えさせられることが多かったです。それぞれの愛情の表現が不器用で、誰にでも起こりうる衝突が繰り返されていました。映画を最後まで観終わった時に「きみはいい子」という題名が重みを増しました。

★50代女性 めめさんの感想 ★★★★☆

 

同名小説を原作とする映画です。高良健吾さん演じる、仕事にも私生活にも先詰まり感のある小学校教諭を中心に、大小の問題を抱える市井の人々を描く物語。いわゆる「プロ」ではない出演者が大勢出演しており、そのことによって観ていてじれったい部分もあるけれど、こてこての作り物ではないドキュメンタリーのような空気が私には新鮮でした。そしてその一方「プロ」の子役さんが、うまい!ごく自然にその場に居ることのできる、嫌みのない彼らのおかげで、素直にスクリーンの中へ観客である自分も入り込めるというか。虐待を扱った部分もあるので、観ていて苦しいシーンもありましたが、それらを乗り越えてのラストシーンは秀逸です。描きすぎていないのもいい。お勧め、です。

U-NEXTで『君はいい子』をフルでみる 本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。