スポンサーリンク

マネキンのあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?

洋画

マネキン 予告動画

マネキン あらすじ

フィラデルフィア。マネキン工場ではたらくジョナサンは、自分の最高傑作のマネキンを作った。しかし、彼を嫌ったオーナーに解雇される。それから、転職を繰り返し、恋人とも上手くいかず、うっぷんを晴らすためにバイクでとばしていた。

 

どしゃぶりの雨の中彼は、デパートの「プリンスアンドカンパニー」のディスプレイに彼のマネキンが展示されていることに気づき、駆け寄り感激する。そのデパートのオーナーを偶然にも助けたことで、就職できることになる。

 

そのデパートは、近くのデパート「イルアストラ」ができたため、経営が悪化していた。彼に仕事を与えたリチャードは、「イルアストラ」のスパイだった。自分のマネキンを見ていたい彼は、ウィンド―ディスプレイの担当してるハリウッドと親しくなり、仕事を手伝うようになる。

 

或る日、マネキンを見つめているとそのマネキンが話かけてきた。彼女は、古代エジプトの女性エミ―で現代にマネキンとしてこの世に出てきたという。彼女が、彼の前だけで人間に変わることが出来た。朝になると、エミ―は、マネキンに戻っていたが、すばらしいディスプレイが完成されていた。

 

ジョナサンは、自分が作り出した妄想だと考えるが、デパートが閉店し、夜になるとエミ―は、ジョナサンの前に現れた。彼らはデパートの中でデートを楽しみ、お互いに惹かれあってゆく。デパートのディスプレイが評判となり、客足が伸び、ジョナサンは、副社長になる。

 

それを知った「イルアストラ」のオーナー、B・Jワ―トが、リチャードに、探りを入れるように命じる。リチャードは、夜の警備員フェリックスにジョナサンを見張らせる。彼は、エミ―とジョナサンがいつものように深夜にデートをしているところを目撃する。

 

そのことを知ったB・Jワ―トは、マネキンを盗みだす。エミーがいなくなっていることに気づいたジョナサンは、ごみ処理機でこなごなにされそうになるエミ―を助け出す。

 

マネキンだったはずのエミ―は他の人々の前でも人間の姿となる。

 

そして二人は結ばれる。

ラブコメディ曲とともに大ヒットとなった。

出演アンドリューマッカーシー、キムキャトラル

主題歌 Nothing gonna stop us now starship

スポンサーリンク

マネキン 口コミ

 

 

★30代女性 miraiさんの感想 ★★★★★

 

マネキンが本物の人間になって主人公と恋に落ちる。現実にはあり得ないし、逆に現実にマネキンに恋をしている人を見るとひいてしまうだろう。それが、映画という世界だから、受け入れられる。無表情なマネキンから、生身の人間になったときの表情がとってもキュート。主人公じはマネキン製作職人だが、職人ぽくなく軽い感じでたよりない感じなのが、マネキンと協力することで仕事も成功していく。サクセスストーリーも含んでいるところが見ていた楽しい。

★30代女性 あるまじろんさんの感想 ★★★☆☆

 

理想の恋愛とサクセスストーリーにコメディを織り交ぜた映画です。かつて自分が制作したマネキンと恋愛するんですが、主人公の前でしか人間に戻らないため傍から見たらマネキンに話しかける怪しい男になるのが笑えます。冷静に考えるとちょっとご都合主義よろしくハッピーエンド

 

★40代女性 jendaさんの感想 ★★★★☆

 

自分が作ったマネキンに恋をするお話です。そのマネキンが主人公の前でだけ動いて話すというラブコメを当時は楽しく見ました。マネキンのエミーがとても美しく、ジョナサンと夜バイクでデートをするシーンが印象的でした。エミーが奪われて工場で廃棄されそうになるシーンはハラハラしましたが、ハッピーエンドで終わってくれて良かったです。

★30代女性 miraiさんの感想 ★★★★★

 

マネキンが本物の人間になって主人公と恋に落ちる。現実にはあり得ないし、逆に現実にマネキンに恋をしている人を見るとひいてしまうだろう。それが、映画という世界だから、受け入れられる。無表情なマネキンから、生身の人間になったときの表情がとってもキュート。主人公じはマネキン製作職人だが、職人ぽくなく軽い感じでたよりない感じなのが、マネキンと協力することで仕事も成功していく。サクセスストーリーも含んでいるところが見ていた楽しい。