スポンサーリンク

《崖の上のポニョ 》津波が予言だった??あらすじ(ネタバレ)感想!

邦画

崖の上のポニョ 予告動画

崖の上のポニョ あらすじネタバレ

 

青く美しい海のある、人口の少ない町の高台にある一軒家に住む小さな男の子宗介は、さかなの子ポニョと出会う。宗介の事を好きになるポニョ。そして宗介もポニョの事を好きになる。しかし、かつて人間であったポニョのお父さんフジモトは、海の中に住んでおり、ポニョを自分の海の中の住み処へと連れ戻そうとする。

 

宗介のように自分も人間になりたいと強く思うポニョは、フジモトの魔法を盗み出し、再び宗介のいる世界へと目指して行く。海の中にある家でお父さんのフジモトに、ブリュンヒルデと名付けられて育てられた赤いさかなの小さな女の子。フジモトは人間の地を離れて海の中の生きものたちと暮らしながら、人間が誕生するはるか前の豊かな生命にあふれた美しい海を甦らせる研究をしていた。

 

ブリュンヒルデは何にでも興味を持ち、海の中の世界以外を見てみたくなり、やがて外の世界へ行きたいとフジモトの家を出て行ってしまう。ブリュンヒルデと一緒に育てられたさかなの女の子たちは、お姉ちゃんの事をいつも応援していた。美しい海辺の町にお母さんと2人で暮らしている宗介は、海で見つけたブリュンヒルデを崖の上にある自宅へと連れて帰り、ポニョと名付け面倒を見て可愛がった。

 

しかし家を出て行ってしまったポニョを連れ戻し帰るために、フジモトが海から地上へと出てくる。ポニョはフジモトにより妹たちと同じ部屋へ戻され、力を抑えられ眠ってしまうが、ケガをした宗介の血をなめてたのでみるみるうちに体が変化していく。フジモトがとても大切にしている、海の生命に必要な秘薬のフタを開けてしまうポニョ。そして、ポニョは腕のような指のようなものが生え半魚人になり、とうとう人間の小さな女の子に変身した。

 

秘薬は海の中へとあふれ出て、生きものに様々な変化をもたらした。大昔の生きものまで現れフジモトが追い求めていた豊かな生命の美しい海がそこには広がっているようだった。しかし、海辺の町はそんな海に沈みかけており、人間が住める状態ではなくなってしまっていた。

 

ずっと昔から海を守ったいたポニョのお母さんグランマンマーレも海辺の町にやって来た。
宗介がポニョを好きである事、もしポニョが持っている力が失われたとしても人間になりたいのかを聞き、ポニョを人間にする魔法をかけた。

 

スポンサーリンク

崖の上のポニョ 津波は予言だった?

崖の上のポニョ公開後ですが、東日本大震災が起き、とてつもない被害を出した地震に伴う大津波。崖の上のポニョの中でもかなり大胆に津波が描かれていることから、予言だったというネットの声も目にします。

実際は予言だったかどうかはわかりませんが、見るとつい思い出してしまう方もいるようです。

崖の上のポニョ 感想。

★30代女性 yuriさんの感想 ★★★☆☆

 

スタジオジブリの作品は、景色の描写や物語の中での時代の描写がとにかく細かく繊細に描かれているという印象なのですが、この作品は繊細にというよりは現代を現代らしく表現しているなと感じました。まず色使いがカラフルで少しポップな感じで、そんな風に描かれることが少ない老人ホームでもお年寄り達もオシャレでした。リサとそうすけの親子関係も友達の様な今時の親子関係で作品全体的に前向きで見ていて明るくなる作品でした。ポニョのキャラクターは独特ですが、そうすけの事が大好きでそうすけを慕ってどこまでもついて行こうとする所はとても可愛かったです。

★30代女性 Golさんの感想 ★★★★★

 

ポニョを観たのは劇場でしたが当時すごく病んでおり、ポニョの一生懸命さに泣いてしまった思い出があります。ディズニーのリトルマーメイドに通ずるところはありますが、家出したポニョは人間の宗介に出会って互いに惹かれあい、人間になりたいと思ってしまいます。でもそこで海の混乱が起こって、宗介の住む地域が大変な事になってしまうのです。人間に生まれたかったとは、なんとも切ない事です。これは、私達1人1人の人間の境遇をうまく突いたストーリーだと思います。誰しもが、「こうゆう境遇に生まれたい」と望んで生まれては来れません。でも、自分に生まれたから出来る事があります。私はポニョから勇気をもらいました。凹んだ時に観たくなる、おすすめ映画です。

★10代女性 gkさんの感想 ★★★★★

 

まず泣けました。宗介とポニョの愛や仲の良さ周りの人もそれに引き込まれていく感じも二人の出会いはひょんなことだったけどポニョのお父さんが二人を引き裂こうとしたり大変だったけど二人の純粋な愛が勝ったなと思いましたポニョのお母さんはとても物分かりのいい人だなーと思いました。チキンラーメンもめっちゃ美味しそうでした

★20代女性 ののさんの感想 ★★★★★

 

1番に大好きな作品が、崖の上のポニョです。もともと魚だったポニョが人間に憧れて人間の男の子に恋をする物語です。恋だったのかは観る人の考えようなのかもしれませんが、、、(笑)私には恋だったのかなと思いました。まずは、1番綺麗で何回も見れます。それにその世界に行きたくなるような絵ですからね!やっぱり2人の出会いが好きでした!そうすけがポニョをみつけて育てるシーンや、ポニョがはしゃぐシーン。可愛かったです!!

★20代女性 かごめさんの感想 ★★★★★

 

この映画は、こどもと一緒に何回みても楽しめます。見るたびに、あえて背景をラフに描いているところや古生物の種類など、細かなところにも目がいき、新たな発見があります。ポニョとそうすけの優しい心に胸がじーんとする場面もあります。特に「ポニョ、そーすけ、好きー!」のセリフは印象的です。こどもたちも覚えていて、言い合いっこして遊んでいます。