スポンサーリンク

千と千尋の神隠しのあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?リンの声って誰?

邦画

千と千尋の神隠し あらすじネタバレ

 

都会育ちの少女千尋は、引っ越しで父親と母親と車で新居へ向かっている時、道を間違えた父親が構わず運転を続けて行った。そしてトンネルと駅のホームのような所と草原と色褪せたアトラクションのような物があり、その先に古びているが営業しているような無人の通りを見つける。食べ物の匂いがし、店主に断りもせず料理を食べだしてしまう父親と母親をよそに、千尋は何かあるかなと思い1人歩いて行く。

 

ふと横を見ると同じ年ほどの少年ハクがいて、この場所へ来ては駄目だと言われる。すると空の明るさが無くなっていき灯りがともり、見たことのない薄黒い生き物達が現れてきた。父親と母親の居る店へ走るが、肥え過ぎた豚になってしまっていた。怖くて恐ろしくて逃げ出すが草原が海になっており帰れない。この地の食べ物をもらい、元の世界へ戻るまで耐え抜くようハクに言われたが、意地悪な湯婆婆が営む油屋で働かせてもらえるように頼み込まなければならない。

 

契約で千尋という名を奪われ、新しく千と付けられた。油屋には蛙男やナメクジ女がおり、人間である千の事を毛嫌いし、風呂屋の仕事で汚い所の掃除や他に誰もやりたがらない仕事をさせたりした。数日後、沢山の神様達のお客とは一風違うカオナシを油屋へ入れた千。カオナシは蛙男達を丸飲みにしたり、酒や食事を暴食し好き勝手な振る舞いをしていた。

 

ハクは銭婆から印鑑を奪い取り、銭婆の魔法で大怪我を負ってしまい、千は印鑑を銭婆の元へ戻す為仕事仲間の釜爺から電車のチケットをもらって坊達と油屋を出る。カオナシは丸飲みにしていて蛙男達を吐いた後、千の後について電車へ乗ってくる。銭婆に印鑑を渡し、家で糸を紡いだりして過ごしていると、竜の姿のハクが千達を油屋へ連れ戻す為やって来た。

 

帰り道ハクは、以前千尋が水の中に落ちてきた事と自分が川である事、奪われた名を思い出した。油屋の橋元で千は数匹の豚の中から親を見つけるよう言われたが、ここにはお父さんとお母さんは居ないと言い当てるこの油屋の町を出て、海になっていた階段の場所で、後ろを見ずこのまま帰るよう言われハクと別れる。向こう側で父親と母親が千尋の名を呼んでいた。

 

最初と同じようにトンネルをくぐって行き元の森の中に帰って来たが、時が過ぎているかのような雰囲気があった。今来た所が気になり振り返りかけるが思いとどまる。そんな千尋の、あの人達と紡いだ綺麗な紫で結われた髪が、魔法のように輝く紫と共に揺れた。

 

スポンサーリンク

千と千尋の神隠し リンの声(声優さん)は?

リンの声は

玉井夕海さんという方です。

音楽活動もやっているみたいです。

tamai-yoomi

 

千と千尋の神隠し 感想

★30代女性 namekoさんの感想 ★★★★☆

 

大人だけでなく子供と見ることにも意味があり、生きるために働くことの大切さや礼儀などが織り込まれたストーリーで、アニメだからこそすんなりと受け入れることができ理解もしやすいです。映画全体は中だるみすることなく集中して見入ってしまいます。幻想的な世界が表現されている映像のきれいさや心地よい音楽はジブリらしく、万人受けする作品です。

★30代女性 momoさんの感想 ★★★★☆

 

「千と千尋の神隠し」は世界最高レベルのアニメです。スタジオジブリ作品のファンタジー感は、他のアニメと全く違う上質な詩のようです。児童文学、空想世界、自然に対する問題提起。ただの娯楽映画ではなく、観終わった後に心に突き刺さるメッセージがあり、余韻があり、感動があります。宮崎駿以外には作れない唯一無二の世界観です。

30代女性 あるまじろんさんの感想 ★★★★☆

 

ごく普通の子が異世界に行きますが、そこで何か大きな力を得て悪者を倒したりするような活躍はしません。それどころか己の欲望を試されるような場面がしばしば見られます。名前を盗られることによって自己を失うこの世界の人々との触れ合いを通じて己を見つめ直していきます。謎が残りますが、心温まるけど切ない気持ちになります。

★20代女性 そらさんの感想 ★★★★★

 

この映画が公開されたのは、自分も千尋と同い年のころでした。当時は千尋の両親が豚になってしまうシーンやカオナシがどんどん大きくなるシーンがとても怖い印象しかありませんでした。ですが社会人になって改めて見返したとき、良くも悪くも幼く、子どもだった千尋がいろんな人と関わることで強くなり、芯の強い女の子へ成長していく姿にとてもぐっときたことを覚えています。千尋の周りにいる人もみんなそれぞれ個性豊かで、それぞれの相手との関わり方が描かれていて宮崎駿作品は本当に子どもから大人までみんなが楽しめる作品だなと思いました。

★50代女性 パスタさんの感想 ★★★★☆

 

子どもに観せたいとまず思う映画です。まだ小学生の女の子の成長物語ではあるのだけど、その成長過程がかなり非現実的世界にいつのまにか入っていくので、自分から成長するのではなく背水の陣状態での決断。現代の子ではありえないし、あったら困る状況だけにこの作品で擬似体験して欲しいと思います。面白い事に未就学児では怖くて観られないのに小学生のちょうど主人公の千尋ちゃんくらいになると夢中になって観ます。

★20代女性 maさんの感想 ★★★★★

 

最初はあの不思議な世界感とかが怖かったりしたけど、何回も見るうちにあの超現実離れした話が面白くて見入ってしまう。何回見ても見る度面白い。何回見ても感動する。何度もテレビで放映され、話の内容も覚えているのに途中からでもちょっと見てしまうとどうしても最後まで見てしまう。感動するけどハッピーエンドなので終わった時に気持ちがスッキリしている所も大好き。

★20代女性 ぱんださんの感想 ★★★★★

 

はじめて映画館で観た映画で思い出深いです。なんだか少し不気味だけど、面白い映画。なぜかクセになって何度も観てしまいます。出てくるキャラクターが妖怪なのか神なのか人間なのか面白さ満点。どのキャラクターにも愛があるような感じです。観ていて少し不気味だけど、観終わる頃にはなぜかホカッと温かい気持ちになっています。

★20代女性 ぽこさんの感想 ★★★★☆

 

小さい頃から宮崎駿監督の作品はよく見てきました。この作品は、何回観てもよくわからないシーンがあって大人に行くにつれて少しずつ理解出来ていくというか、とても面白い。行きと帰りでトンネルが違う意味や、千尋の髪飾りが光るシーンなと色々想像が出来るし、感慨深い。結構観ていますが何回見ても新たな発見が出来るのでとてもいい。

★20代女性 hozuさんの感想 ★★★★★

 

私はこの映画を小学生1年生の時に観ました。幼いながらも映画の世界に入り込む感覚を感じたのを、今でも覚えています。私の父も普段は映画を観に行く方ではありませんが、この映画に関しては映画館に足を運んで観に行くほどでした。ジブリの世界はどの作品も独特の世界に包まれた、素晴らしい作品が多いです。その中でも、この作品の持つ惹きこまれる感覚というのは他の作品にはない特徴だと思います。奇妙な登場人物がたくさんいる中でも、現実世界のどこかに本当にこの世界が存在している気がしてしまうのも、この作品の凄いところです。

★20代女性 りんさんの感想 ★★★★★

 

映画が終わった後の、すがすがしさはなんとも言えません。主人公の千尋が、様々な人たちに出会い成長していく様子、そして独特の世界観はほかの映画にない素晴らしさがあります。台湾の九?をモチーフにしてると言われていて、実際に行ったのですがやはり、きれいな世界観が千と千尋の神隠しの中で表現されていました。

★20代女性 みくさんの感想 ★★★☆☆

 

なかなか面白かったです。あんまり宮崎映画を観てないのですが、これは唯一映画館で見た映画でした。テレビで見るより絵が綺麗でドラマストーリーがあることがわかり、ファンになるのもわかる気がしました。細かいところまで描かれていて、ビックリしました。そしてこれまでにないぐらい迫力がありました。人から龍になるシーンや、ばあさんの細かいストーリーがすごく面白かったです。

★20代女性 Misoraさんの感想 ★★★★★

 

何度見ても飽きないです。不思議の国に迷い込み、両親を湯婆婆に豚にかえられても湯婆婆を憎まず最初は少し弱虫な千尋だけどリンやハクに出会い心が強くなっていく千尋がみられる気がします。個人的にハクは大好きです。湯婆婆の手下でありながらどこかで千尋のことを気にかけている優しい男の子。いつかまた千尋がハクと出会えたらいいなと思いました。

★60代男性 ジジさんの感想 ★★★★★

 

とにかく画像が美しい、物語が面白い。映画を見始めると、不本意ながら何分間かいつも居眠りをしてしまうのですが、これらの映画に関しては、最初から最後までしっかり観ることができました。私にとってこれほど心に残る映画は今までありませんでした。特に『千と千尋の神隠し』は、20回ぐらいビデオでも観ました。あの不思議な感覚はどうやって生まれてくるのでしょうか、まさにアニメならではのアートなんんですね。最後の結末がとてもシュールですね。続編ができそうな雰囲気なので、もしできることなら、脚本を書きたいくらいです。

★30代女性 たまごさんの感想 ★★★★★

 

登場人物やキャラクターがまず面白くて印象に残るので、小さな子どもと一緒に見たい映画です。そして、どんな環境にもめげずに頑張る千尋の姿が、健気で、見ていると元気がもらえます。千尋とハクのお互いを思いやる気持ちにも、すごく胸がじんときました。そして、最後に分かるふたりの関係がまた面白いです。景色の描写もとても綺麗で、お気に入りの映画です。

★20代女性 kaeさんの感想 ★★★★★

 

幼い頃にみてわからなかったことが、大人になると、なるほどそうだったのかと理解ができる点や気づかされることが多くあり、自分の成長を感じるとともに、ストーリー構成の素晴らしさを感じます。主人公の表情がシーンによって様々に変化するのが子供らしく素直で可愛しく、とても愛着が湧きます。そのため、多くの困難に立ち向かう主人公を応援したくなります。最後には大切な人との別れを経験し、大きくまた成長する姿はとても輝いていて、いつも観終わると「私も頑張ろう」と思わせてくれる映画です。

★20代女性 るんさんの感想 ★★★★★

 

私が人生で初めて映画館で見た思い出の映画です!元々ジブリが大好きなのですが、中でも1番好きなのが千と千尋の神隠しです。物語はもちろんなのですが、音楽に注目して見ていると、お話のスケールをさらに広げているのはあの音楽の存在があるからだと思います。千が涙を流しながらおにぎりを食べるシーンや、登場人物たちがせっせと仕事をしつつもちょっと気だるそうな雰囲気を感じる音楽。音楽に耳を傾けて見ているとさらに楽しめます。物語の構成も、単純そうで意外と深いと思うこともあります!何度でも見れる映画です。

★20代女性 りなりーさんの感想 ★★★★★

 

千と千尋の神隠しの映像がとても素敵だと思います。また千尋が時間が経つにつれてどことなく強く成長していく姿を見ていると自分も頑張ろう、努力しようと思えてきます。千尋の表情の豊かさについつい笑えてしまうほど千尋をもっと見たいと思ってしまいます。たくさんの人達に助けられながら立ち向かっていく千尋の姿を応援したいと思います。