スポンサーリンク

怒りのあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?無料視聴情報あり!

邦画

怒り 予告動画

U-NEXTで『怒り』をフルでみる

怒り あらすじネタバレ

八王子の住宅である夫婦が惨殺される。壁には「怒」の血文字が残されていた。犯人は逃走し、事件は未解決のまま一年が経つ。犯人山神一也の写真が報道番組で公開される。

 

その頃、東京、千葉、沖縄に素性の知れない三人の男が出現する。千葉の漁港では、家出をしていた愛子が父洋平に連れ戻されていた。二ヶ月前に突然現れた田代と出会い、結婚を決意するふたり。しかし洋平が素性の知れない田代を調べると、彼には名前を偽って働いていた過去があった。親の借金の取り立てから逃げるためだという愛子。

あるときテレビの特番で観た八王子事件の犯人に田代が似ていると洋平は気づく。そして愛子も田代が殺人犯なのではないかと疑い始め、ある日警察に通報してしまう。その後警察の捜査により、山神と田代の指紋は一致せず田代は犯人でなかったことが判明する。その事実に心から安堵し、彼を疑ってしまった自分を責める愛子。しかし姿を消していた田代から連絡があり、ふたりは再び会えることになる。

 

東京では、ゲイの会社員優馬がある夜出会った直人と意気投合し、同棲するようになる。優馬の母を見舞う優しい直人だが、素性が知れないところがあった。ある日直人が若い女性と一緒にいるところを見た優馬は問い詰めるが何も語らない。そんな直人に不信感を抱き始める頃突然直人が居なくなってしまう。

 

テレビで八王子の事件を見た優馬は犯人の右?の3つのホクロが直人ではないかと疑う。警察から「大西直人さんをご存知ですか」と連絡が入り、思わず知らないと答える優馬だった。その後直人と一緒にいた女性の話から事実が判明する。直人と女性は同じ施設で育った兄弟同様の間柄だった。昔から心臓が弱かった直人は先日公園で倒れ亡くなっていたのだ。彼を信じられなかったことを心から悔やむ優馬だった。

 

沖縄に来た高校生泉は地元の高校生辰哉と親しくなる。そして無人島でバックパッカーの田中と出会うが、田中は自分のことを秘密にするように言う。那覇に遊びに行った辰哉と泉に悲劇が起こる。出会った田中と3人で飲んだ後、泉はひとりはぐれ米兵たちに襲われてしまうのだ。辰哉は恐ろしくて助けられずすぐ近くに隠れてしまう。そこへ「ポリス!ポリス!」と叫び声がし、米兵たちは逃げていく。警察に行こうという辰哉にいやだと拒否する泉。

 

それからは泉は心を閉ざし、また辰哉もひどく苦しんでいた。相談した田中にはお前の味方になるといわれ彼を信じる辰哉。その後、田中もあの場にいたと告白する。自分もどうすることもできず警察を呼ぶしかなかったと言うのだ。

 

そんなある日田中は働いている民宿で突然大暴れし、逃げ出す。不審に思った辰哉はあとを追い無人島へ。そこで目に入ったのは壁に大きく刻まれた「怒」という文字、そして泉を侮辱する言葉だった。憤る辰哉に田中は、自分はあのとき楽しんで見ていたのだと話す。警察を呼んだのも田中ではなかった。信頼していた田中に裏切られた辰哉は怒りのあまりハサミで彼を刺し殺してしまう。

 

八王子夫婦殺害事件についても、ある男の供述により真相が明らかになる。当日の山神(田中)はあの日派遣会社との行き違いで日を間違えて八王子にいた。暑さと怒りのあまりある家先で座り込んでいると、ちょうど帰宅したその家の女性が冷たいお茶を差し出す。その行動から見下されたと思い込んだ山神が家に侵入し女性を殺害し、後から帰宅した夫も殺害したのだった。後日辰哉は逮捕される。
泉は彼が自分のために罪を犯したことを知り、ひとり海に向かって叫ぶのだった。

U-NEXTで『怒り』をフルでみる

 

スポンサーリンク

怒り 感想

★30代女性 omo456chさんの感想 ★★★☆☆

 

内容的にはあり得そうな話だなと思いました。共感持てない内容が盛り込まれていましたが、映画作品としては面白い作品ではないかなと思いました。そして、同時に息通りを感じる作品でもありました。怖いという感情がホラーではなく、人間に対してこんなにも溢れ出る映画作品はなかなか出会えないと思いました。ホラー映画が怖くなくなった作品です。

★30代女性 ぼーしさんの感想 ★★★☆☆

 

原作を読んだ事がなく、タイトルと演者で選んで観ました。未解決事件を始まりとし進んでいくので、やはりどこか誰もに疑いの目を向けてしまいました。しかし、それぞれの人生を覗き見ていく内に信じる事や愛情とは?と、考えていました。特に宮崎あおいさんの演技には本当に胸を打たれました。当時、そのシーンだけでも良いから見て欲しいと友人に勧めたのを覚えています。「皆が幸せな最後」では無く、苦しさが残る映画でした。

★30代男性 fuさんの感想 ★★★★★

 

元になっているのは吉田修一の推理小説になり、李相日監督によって映画化されました。八王子で発生した一家殺害事件の1年後に、東京・千葉・沖縄の3つの都市に同時期に出現した前歴不詳の3人の男の正体に引き込まれていきます。彼らによって平穏無事な日々の生活を狂わされていく、地元の住人たちの人間模様も印象深かったです。

★40代女性 ハルさんの感想 ★★★★☆

 

ひとつの作品にそれぞれのストーリーがあり、それが最後はひとつになるといった、とても見応えがある映画です。出ている出演者も豪華で、それぞれとても良い味が出ていて良かったです。中には、レイプシーンや同性愛など過激なシーンも多くちょっと目を背けたくなる映像もありましたが、総合的には面白かったし、最後はハッピーエンドになるカップルもありほろっとしました。

★40代女性 itiseさんの感想 ★★★★☆

 

殺人事件の犯人が指名手配されて、それぞれ3か所にそれぞれ3人の男性が出現します。ゲイバーに出現した男、漁村に出現した男、沖縄に出現した男がいてそれぞれがそれなりに人間関係を形成させていくのですがこの指名手配犯のニュースが流れるとそれぞれの周りにいる人間たちが疑いの目を向け行方不明になったり警察に通報したりします。それぞれがその行いに葛藤したり、後悔したり、怒りを覚えたりとそれぞれの人間模様が素晴らしい演技で表現されていてひきつけられる作品です。

★30代女性 マイ3さんの感想 ★★★☆☆

 

昔起きた凄惨な殺人事件を前提に秘密を抱えた人たちの悲哀を描いた作品。出てくる役者陣は全員すごい人で、その演技力に魅せられてしまう。無骨な漁師を演じている渡辺謙は、どこから見ても漁師だし、人と違う娘を愛しつつ、どうしようと思ってる感がよく出ている。でも、話が凄惨だし、見てられないシーンもあるので、あまり見返したりはしたくないと思う。なので、星は3つにした。

 20代女性 なおさんの感想 ★★★★★

 

渡辺謙の流石の演技力、広瀬すずの清純派のイメージを壊す作品であった。この映画のMVPは、森山未來である。明らかに無人島に生きる人そのものであり、近づきがたいが、なぜか興味をそそられる絶妙なバランスの取り方が流石であった。この映画は後世に受け継がれるものになるのは間違いないと思う。見終わった後、すごい作品に出会ってしまったと誰もが思うであろう。

★30代女性 じんさんの感想 ★★★☆☆

 

出演している方々の演技力が非常に高く、スクリーンに引き込まれたのが印象的でした。あっという間に時間が過ぎました。ただ一つ一つのストーリーの展開があっさりしていて、原作の方がドキドキしたなという印象です。映画という短い時間で全てを取り上げることはできないにしても、もっと各ストーリーを大事に描いて欲しかったです。

★10代女性 かっちさんの感想 ★★★★☆

 

とにかく豪華キャストすぎます…。演技派俳優と演技派女優が集結していて、この難しい映画を作り出せたのはキャスト達の実力が大きくあると思います。とにかくこの映画は重い。辛い。重い。すごく。なぜか見終わった後は無言になってしまいました。今までの映画ではない感情が自分に芽生えました。ここの感情はこれからどの映画を見ても感じないと思います。

★20代女性 たらりんさんの感想  ★★★★★

 

指名手配犯にそっくりな3人をめぐってストーリーが進んでいきます。大切な人が指名手配犯にそっくりだったら、それでもその人を信じて愛することが出来るだろうか…。それぞれの立場の人々が葛藤し、それぞれの答えを見つけていくストーリーです。「人を愛する」ということを考えさせられる映画です。どの役者も迫真の演技をみせていますが、一番だったのは森山未來!怪演です。セカチューの頃より何倍も成長した彼が見れますよ!

★40代女性 ふみかさんの感想 ★★★★☆

 

原作を読んでいたので、内容的にまさか映像化できるとは思っていませんでした。猟奇的な殺人事件の犯人は指名手配されて似顔絵が出回っていて、日本の3か所にそれぞれその似顔絵に似た人物がいるという設定です。その犯人の可能性があるそれぞれの人物を松山ケンイチ、綾野剛、森山未來が演じていて、その誰もが似顔絵とそっくりに見えるから不思議でした。3人のそれぞれの日常の中でいろんな事件が起こっていくのですが、どんな信頼関係も犯罪者の似顔絵に似ているというだけで簡単に崩れてしまうものなのかと思うと恐ろしくなります。この映画は出演者がとにかく豪華ですが、宮﨑あおいと広瀬すずの演技が特に素晴らしいです。一瞬目をそむけたくなるようなシーンも、思わず引き込まれてしまう感じでした。どちらかといえば気分が悪くなるようなストーリーですが、私はとても好きで何度も見ている作品です。

★30代女性 finさんの感想 ★★★★★

 

原作小説ファンで、どういった感じに映画化されるのか、ちょっと不安に思いながら見に行きましたが、キャスト陣の演技が圧巻でした。話の内容はハッピーとは言い難いもので、好き嫌いが別れるかと思いますが、とにかく演技が素晴らしいので、それを色々な人に見てほしくて堪りません。演技にどんどん引っ張られて夢中になれる映画だと思います。

★30代女性 クッキーさんの感想 ★★★★☆

 

3つのストーリーが同時進行していく映画です。猟奇的な殺人事件の犯人を警察が追って行くのですが、ストーリーが進むに連れて全員犯人に思えてしまう程、役者さん全員の演技が緊迫していて素晴らしかったです。特に広瀬すずさんの普段の可愛いらしい印象とは掛け離れた役柄だったので、大変なシーンもあり彼女自身とても挑戦された映画だったと思います。

本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。