スポンサーリンク

冬の華のあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?無料視聴情報あり!豪華キャストがたまらない!

邦画

冬の華 あらすじ ネタバレ結末

横浜に本拠を置き関東に勢力を張る暴力団・東竜会幹部の加納秀次(高倉健)は、兄弟分の松岡幸太郎(池部良)をあの世に送らざるを得なかった。松岡は組を関西連合に吸収させようと画策していたからだ。加納は、松岡殺しの罪により北海道の旭川刑務所で長期の服役を強いられる。

15年後、出所して横浜に帰ってきた加納は、舎弟の南幸吉(田中邦衛)が用意してくれていた山手の高級マンションに落ち着いた。東竜会に挨拶へ出向いた加納は幹部たちから温かく歓迎されるが、金満振りを誇る彼らの変貌に困惑する。親分の坂田良吉(藤田進)はヤクザ稼業に疲れて絵画の収集と制作に夢中になっており、加納にもシャガールの絵画の良さを説く。幹部たちは高級外車を乗り回してナイトクラブで豪遊するなど、贅沢な暮らしを満喫している。加納に尽くしてくれる南も自動車販売会社を経営し、普段は組と距離を置いていた。加納が世間から隔絶されている間に、彼らから渡世人の面影は消えていた。

一方で、加納は、15年前に殺した松岡の一人娘である洋子(池上季実子)のことが気がかりであった。この15年間、加納は南を介して洋子の援助を行っており、自らは、「ブラジルにいるオジさま」として文通をしていた。洋子は全寮制の女子校で学ぶ17歳の高校生になっていた。加納は手紙に出てきた馬車道の喫茶店「コンチェルト」でチャイコフスキーの『ピアノ・コンチェルト』を聴き、洋子をそっと見守る。

加納は実兄・一郎(大滝秀治)の忠告もあり、ヤクザの世界から足を洗って木工職人になるつもりでいた。親分の坂田も加納に傘下の組を任せたいとの思いを封印し、堅気になることを黙認していた。

その矢先、坂田はシャガールの絵画の出物があると連れ出され、だまし討ちの形で関西連合に殺されてしまう。坂田の息子で陸上自衛隊幹部自衛官の坂田道郎(北大路欣也)は復讐心を燃やす。しかし、生前坂田は息子が堅気の自衛官であることを慮り、加納に「息子を組の抗争に巻き込ませるな」と遺言していた。

東竜会の構成員たちが坂田の死の真相を調べるうちに、東竜会幹部の山辺(小池朝雄)による裏切りが判明する。加納は坂田の遺言を守るため、自らが鉄砲玉となって山辺を殺す決心をする。ただ、洋子のことだけが心残りになっていた。加納は、洋子へ「当分日本には帰れない」とだけ電話で伝え、洋子と恋仲になっていた竹田(三浦洋一)に堅気となって添い遂げるよう約束させる。

加納は、親の仇を取るつもりであった道郎を自宅に留めさせ、山辺を自ら刺し殺す。加納は、再び会うことはかなわない洋子の幸福を願いつつ、15年前の浜辺での出会いを思い出すのであった。

Wikipediaより引用

スポンサーリンク

今からちょうど40年前に公開された高倉健さん主演の冬の華ですが、今更見てみると映像が昔で暗いのと、今でも大御所な物凄いキャストの若かりし頃がとても懐かしいです。ぜひ見てほしい作品です。

 

最初は浜辺のシーンで、高倉健が組を裏切ろうとした仲間を殺すとことから始まるのですが、その殺される組員の小さな子供に、父親が殺されるのを見せないように舎弟役の田中邦衛が離れたところで追いかけっこして子供と遊んでいます。その間に健さんは仕事を済ませます。

 

そしてすぐ横浜駅に降り立つ高倉健のシーンに移ります。15年の刑期を終えて出所したところです。哀愁のギタリストの異名を持つクロードチアリのギターが冒頭から流れ、この映画のせつないラストを予感させます。

 

親分さんのところに出所挨拶に行くと、今は切った張っただけのやくざじゃ古いぞ!と言われ親分は絵画収集に没頭し、他の仲間も事業を始めてるものもいました。15年の間にやくざの世界も変わっていったことをとまどう健さん!

※切った張ったとは、切りつけたり張り倒したりの事です。親分の言葉は、今のやくざは暴力だけではなく頭も使うという意味でしょう。

 

15年前に殺した男の娘を気遣いブラジルのおじさまという事で彼女と文通や支援を陰ながらしていたのですが、池上季実子演じる娘が、馬車道にあるコンチェルトという喫茶店で大好きなチャイコフスキーのピアノコンチェルトを聞きながら、おじさまに手紙を書いてるというの文言を思い出し、名曲喫茶コンチェルトに実際行き、ウエイトレスにチャイコフスキーのピアノコンチェルトをかけてくれ。

と言うと、今かかってるのがその曲です、と言われるところはちょっと笑えました。

 

40年前の映画ですが北大路欣也や池上季実子、田中邦衛、峰岸徹、三浦洋一などほんと若いです。確かに古い映画ですが、若い方にもちょっと見てもらいたいです。

 

スポンサーリンク

冬の華 感想

★50代男性 エイジさんの感想  ★★★★★

 

随分前ですがとても懐かしい映画です。高倉健さんがヤクザの役でとてもシビアでした。池上季実子さんが演じてるのがとてもうるおいしいおさなごのイメージがあり印象深いものがありました。出来ればもう一回見てみたいです。雪の中での撮影が何かを物語っているような気がします。何故名前も知らない人にここまで出来るのかと思うと切ないです。

★10代女性 りなさんの感想 ★★★★★

 

まず高倉健さんがとてもカッコいいです。高倉健さんはヤクザ役なのですが人を殺してしまい刑務所に入りますが殺した娘さんのことを気にかけ、刑務所に入っている時でも色々プレゼントを贈ったり手紙のやり取りをしていて娘さんは主人公の本当の姿を知らなくていい人だと思っているけど実際は自分の父親を殺した犯人だということを知らないという状態で主人公の複雑な感情がこうさしていてとても感動的で切ない映画になっていて見ててともて面白かったです。

★60代男性 旅人さんの感想 ★★★★☆

 

脚本の倉本聰が健さんのために書いた、いわゆるラブレターのようなホンです。脇役の演技がすごく良くて、大滝秀治の父親は今までのやくざ映画にはなかった存在感で感心しました。賠償美津子との一連のやりとりは、なんだかフランス映画を彷彿とさせ、日本の女優も捨てたもんじゃないなと思いました。そのうえ音楽がクロードチアリ。ギターが、まるでヨーロッパ映画のようで素敵です。この映画は当初山口百恵で企画されたいましたが、スケジュールの関係で実現しませんでしたが、百恵版の冬の華も見てみたかった。

U-NEXTで『冬の華』をフルでみる本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。