スポンサーリンク

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ニュートの寮は?

洋画
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開し、『ハリー・ポッター』もロードショウで放映される中、「あれ?ニュートってハリーと同じ寮の出身なのかな?」と気になった方もいるかと思います。実はニュートはハッフルパフの出身であり、その時の過ごしていた回想シーンも最新作での話題に!ファンタビをより一層楽しめる
予告動画

 

ニュートの寮はハッフルパフ!

ホグワーツにおけるハッフルパフの特徴や基本情報からおさらいしていきましょう。

『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみの、学校に入った際に決められる4つの寮への組み分け…「組み分け帽子」を被って大きな声で行く先を決められるのですが、

・ハリーの所属する勇気の象徴ともいえる「グリフィンドール」
・ルーナの知的さが印象的な「レイブンクロー」
・マルフォイのずる賢さを忘れられない「スリザリン」

そしてもう一つが『ファンタビ』の主人公のニュートが入っていた「ハッフルパフ」という寮でした。

組み分けされる生徒の特徴は

・忠実
・我慢強い
・苦労を顧みない

といった献身的でまさに「研究者向き」とも言え、創設者の一人であるヘルガ・ハッフルパフは平等だった人だったのも忘れてはいけません。そのため、「闇の魔法使い」になってしまう者が一番少なく、ニュートのようにオブスキュラスで苦しむ子供を助けるような正しき姿勢を持った者が多いともいえるでしょう。

他の特徴は、長身で青系のロングコートに、天然の髪質が自然な感じを表すニュートにとっても似合う黄色のマフラーや、キュートなモグラのような魔法生物のニフラー!

それらはハッフルパフのシンボルである「イエロー」や「アナグマ」を示していると思われます。

スポンサーリンク

ハリポタのハッフルパフといえば?

 

『ハリー・ポッター』シリーズでは「他の寮には入れなかった…」という子でも入れる、滑り止めのような印象があったハッフルパフ。

逆を言えば、家柄や血統などで差別も多くあったハリポタの中でも人を選ばなかったという平等の象徴とも表現できますよね。

そんな寮に入れたら「頑張って学ぼう!」という姿勢にもなりますし、下手にプライドが邪魔して悩むことも無いでしょう。素直で実直な子に育ちそうです。

さて、そんな心優しき印象もある寮ですが、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の時のラストでは頼もしい姿を見せてくれました。ヴォルデモートが大量の魔法使いを従えて学校を囲い、必死に防御壁の魔法などで守りを固める先生たち…

もうダメかと思われ、ハリーを匿うべきじゃないと口々に言うものが現れたり、学校から逃げ出す子まで―そんな中、最後まで戦い抜いたのがハッフルパフの生徒たちだったのです!正義感の強さを頼もしく感じさせられました。

そんな寮の代表を挙げるとしたら、やはりセドリック・ディゴリーでしょう。学校でのスポーツイベントであるクィディッチではフェアな試合を申し出たり、ハリーとも仲良くしていた好青年。ハッフルパフらしさが伝わってきます。

ニュートがハッフルパフなのも納得!

 

ハリポタでは「幻の生物とその生息地」の著者として登場していたニュート・スキャマンダー。実は彼はハリー達と同じく、ホグワーツ魔法学校に通っていたのが前作の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』での「ホグワーツは最高さ」というセリフからも分かりましたね。

その際は他の学校よりも良い学校という熱い思いが少し見えていましたが、『黒い魔法使いの誕生』での回想シーンからは楽しそうな思い出は意外にも少なかった印象を受けます。

●学校時代のニュート

回想シーンで子供の頃から既に変わり者だったニュートは、人の来なさそうな屋根裏のある部屋で怪しげな実験器具を囲んでいました。そんなちょっと不気味な彼を偶然見つけたのがリタ・ストレンジ。彼女がその周囲にあるモノを見てみると、中には魔法生物たちがおり、ニュートは彼らを紹介し始めたことで2人は仲良くなったのです。

一見、理解がし辛い様な行動も起こすニュートですが信念は「魔法生物のために」ということに一貫しているのが、ハッフルパフの生徒らしい「忠実」さや「苦労を顧みない」という姿勢があるのが分かります。

●魔法生物にはもちろん、仲間にも優しい!

心優しきニュートは魔法生物だけでなく、仲間や先生にも優しい!人間のジェイコブとは偶然出会ったのがキッカケで仲良くなり、前作のラストでの別れはとても悲しげだったのが印象的でしたね…そして『黒い魔法使いの誕生』で再会を果たして喜んでたのが微笑ましく思えました。

また、アメリカ魔法省の闇払いに復帰したティナと再会の時も笑顔に!と思いきや、新聞にニュートの兄の婚約の記事が出て、ニュートのことと勘違いしていた彼女は冷たく当たったのです。

ニュートは器用な性格ではないので、誤解がそのままになりつつも進んでいくストーリー…ティナへの想いを抱きつつも「我慢強く」接していた結果、再び仲間として敵に挑むようになりました。

●忠実さはダンブルドア先生との関係から納得

 

他にも「忠実」さを認識できたのが、ダンブルドア先生との関係性!クリーデンスを救うために奔走した前作ですが、実はその計らいがダンブルドアによるものだったと『黒い魔法使いの誕生』で明かされました。

そんな先生ですが再びフランスでクリーデンスを探して欲しいという一方で、国外へ出ることを禁じられていたニュート…でも一度は助けたクリーデンスの身を案じ、先生の願いでもあることから「忠実さと優しさ」によってフランスに向かうことになるのです。

ダンブルドアの賢さが人を動かすのもありますが、ニュートの本来の資質もあるのは確かですね。

 

総合的な適性があったといえるニュートとハッフルパフ寮の関係性。

ファンタビは次回作に続くため、まだまだ彼の本質を見ていくことができそうです。優しさもある一方で、グリンデルバルドとの戦いなどでは冷静な判断力も垣間見えました。我慢強さからもリタとの別れを必死に堪えていたのが印象的な今作…

グリンデルバルドとの戦いの結末はもちろん、ニュートの今後の活躍や、学校での昔話も楽しみにしていきましょう。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』あらすじとキャスト!豪華吹き替え声優の共演!ダンブルドアは?
11/23に公開日が迫り、キャストの吹替の豪華声優陣も発表されて楽しみなファンタビ! ダンブルドアに森川智之、前作よりも敵として活躍するグリンデルバルドを平田広明、他にも江口拓也、森なな子、主人公は引き続き宮野真守が務めますので夢の共演を...
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』あらすじ結末とみんなの感想!見逃した方は・・・
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の見所! 「ハリーポッター」シリーズの数年前を描く『ファンタスティック・ビースト』は3部構成を予定している新たなファンタジックアドベンチャー! 魔法使いのニュートと行動を共にする魔法動物が描...