スポンサーリンク

マスカレード・ホテル~予告、あらすじ、口コミ感想!地上波初放送決定!

邦画

2020年1月3日21:00~フジテレビで地上波初放送!

マスカレード・ホテル 予告動画

マスカレード・ホテル公式サイト

マスカレード・ホテル あらすじ

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。

シネマトゥデイより

スポンサーリンク

マスカレード・ホテル 口コミ、感想

★30代女性 UBさんの感想、口コミ ★★★★★

 

豪華な俳優陣なのに、ちょっとしか出てこない大物俳優がいたりと、俳優の使い方にしろ、ホテルの内装にしろどこをきりとってもとても贅沢な映画です。また、スピーディーな映画で、そのスピード感がホテルは大勢の方が来る場所という印象を与え、大勢の人を的確にさばく様がしっかり描かれており、かつストーリーに飽きさせない良いスピード感でした。伏線もたくさん張られているので、そこを回収されていくとスッキリとして、気持ちがいいです。後味の良い映画でした。

★50代女性 まゆうさんの感想、口コミ ★★★★★

 

ホテルマン姿の木村拓哉が、とにかくカッコいい。刑事がホテルマンに扮してるという設定で、刑事として歩くときと、ホテルマンとして歩くときの所作が違うのが、さすが!そして、ホテルにやってくる客の全てが、「この人が犯人なのか?」と思わせてくれて、最初から最後まで目が離せない。ずいぶん前だが原作を読んだことがあったので、なんとなくストーリーは知っていたけれど、まさか松たか子さんが、犯人役をひきうけるとは驚きだった。ホテルに来る人は、みんな仮面を被っている。というスタンスで、ラストに仮面舞踏会のようなシーンが表れるのだけれど、その映像と音楽はとても美しくて、ミステリー映画なのにうっとりしてしまった。マイナーな見所としては、明石家さんまさんが、どこに出てくるのかを探すのも面白い。「大竹様」と呼ばれていたので、そこは思わず笑ってしまった。マスカレードイブも、続編としてやってくれるのを期待している。

★40代女性 makiさんの口コミ・感想 ★★★★★

 

めちゃくちゃ面白かった!単純にストーリーが面白かったし、松たか子の演技力のすごさとか、長澤まさみとキムタクの掛け合いとか、引き込まれる感じで、あっという間に終わったしまった。出てる人が豪華で、犯人は最後まで分からなかったし、キムタクはかっこよかったし、もう一度見に行って明石家さんま探しをしたいなと思いました。

★30代女性 きゅうりさんの口コミ・感想 ★★★★☆

 

出演者が豪華で、飽きないです。次々と犯人候補が出てきて、いろんなストーリーが観れた気がしました。木村拓哉がかっこいい!!、相変わらす木村拓哉の部分もありつつ、それでもやっぱりかっこいいなと思えてしまうのが本当に不思議で、それが彼の魅力なんだなと思いました。

★20代女性 eibar014さんの口コミ感想 ★★★★☆

 

とてもたくさんの俳優さんが出演されていて、特に松たか子さんの演技はとてもよく、ドキドキしました。木村拓哉さん演じる刑事の新田と、長澤まさみさん演じるホテルマンの山岸が最後はお互いの仕事を尊敬し、協力して事件を解決していくシーンは見ていて気持ちよかったです。少し説明不足に感じた部分もありましたが、原作をうまく脚本にされていて、おもしろかったと思います。

★50代女性 nonさんの口コミ感想  ★★★★★

 

木村拓哉と長澤まさみという主役の2人は、もちろんのこと、たくさんのそうそうたる俳優陣による見所満載の映画だった。ホテルを訪れる客が全て怪しく、犯人かと思わせるストーリー性も、まさしく東野作品だ。映画開始早々に、作品に引きずり込まれた。犯人を予想しながら観ていくのがとても面白かった。そして、最後のまさかの展開…本当にハラハラドキドキの映画だった。豪華なセットと音楽もまた映画に花を添えていた。