スポンサーリンク

映画刀剣乱舞~あらすじ、口コミ!

邦画

映画刀剣乱舞~予告動画

 

映画刀剣乱舞~あらすじ

西暦2205年、歴史修正主義者たちが過去に攻撃を始める。政府に歴史を守るよう命じられた審神者は、歴史修正主義者から差し向けられた時間遡行軍と戦うためにかつての刀剣を復活させる。人の姿をしてよみがえった“刀剣男士”たちは、天正10年6月2日、歴史改変の危険が迫る本能寺の変を守り抜く。

シネマトゥデイより

スポンサーリンク

映画刀剣乱舞~口コミ!

★30代女性 めぐさんの口コミ ★★★★☆

映画刀剣乱舞は刀から見た人々の歴史を考えさせられる、刀が主役ならではのストーリーになっていて良かったです。刀を使って殺陣をするアクションシーンもかっこ良く、刀をとても強く美しく魅せてくれるのでつい刀の軌道を目で追ってしまいます。元のゲームが好きな人以外にも、特撮や時代劇が好きな人には良い作品だと思います。

★30代女性 あくびさんの口コミ ★★★☆☆

ゲームが原作の人気舞台の映画化。ファン向けのコンテンツかと思いきや未関係の山本耕史や八嶋智人がゲストキャラで起用されたため、一般も視野に入れて力を入れた作品なのだと思ったが、結局よく出来た特撮映画という印象だった。ゲーム原作なのでCG多用、メジャーでない若手俳優の滑舌の悪さ(主演の鈴木拡樹は上手だったが)が作品の質を落としてしまっている。脚本や美術はよく出来ていて、伏線の張り方や回収も巧み。山本耕史演じる織田信長を巡っての各陣営の腹の探り合いは、二度目に見たときに違った面白さがあるのだろう。歴史的な小ネタも多く散りばめられていて、ファンであればリピートして楽しめる作品になっている。だが私は、前述のチープさから他人に薦めることは出来ないと思った。

★20代女性 ノッキーさんの口コミ ★★★★☆

ブラウザゲームが原作の映画ですが、その世界観が限られた時間でわかりやすく、ゲームが分からない方にも入りやすい内容で、かつ、ゲームファンにも受け入れやすい内容でした。なにより、メインとなる刀剣男士がかっこよく、かつそれだけではなく彼らのやりとりで思わず笑ってしまう箇所もあり、魅力的に描かれていました。ストーリーも起承転結がしっかりしており、広げられた謎という風呂敷が、全て最後には納得するようになっており、その上役者さん自身が行う殺陣もかっこいい。華やかな時代劇+特撮という印象で楽しめます。刀剣男士だけではなく、織田信長等歴史上の人物の描き方もとてもいいです。ゲームに詳しい人ほどもしかしら受け入れがたい要素がいくつかありますが、そこさえできれば、多くの方に見ていただきたい映画でした。

★30代女性 ノエルさんの口コミ ★★★★☆

日本の歴史上で誰もが知っている武将「織田信長」。その武将の暗殺がミッションだけど、それよりも映像の美しさと若いフレッシュな俳優さん達の演技に引き込まれてしまいました。特に明智光秀との決戦…これは見た人にしか分からないほど迫力満点で、大満足でした!歴史が好きな人、若い俳優さんが好きな人、この原作が好きな人、どんな年代の人でも楽しめる映画だと思います。

★20代女性 ひろりんさんの口コミ ★★★★★

原作ゲームを知らなくても物語にぐいぐい引っ張り込まれる良作です。マンガ・ゲーム原作の実写映画であればここ最近数年で一番の出来です。2.5次元が流行っているけどミュージカルや舞台は敷居が高い。そんな方にもおすすめです。大河俳優と若手舞台俳優たちが織り成す物語、物である刀剣男士であればこそ可能な大仕掛け、是非とも劇場でご覧ください。

★30代女性 めいさんの口コミ ★★★★☆

ゲームから派生したメディアミックスの映画ではありますが、どちらかというと舞台刀剣乱舞を映画化したような印象です。三日月役の鈴木拡樹さんがそのまま起用されていたことも大きかったです。これまでで刀剣乱舞の舞台を観ていた方はスムーズに入り込めると思います。それから、この映画は刀剣乱舞自体を知らない人にも理解できるように制作されているのがわかって好感が持てました。そんなことが!?っていう展開もすごかったです。しかし、世界観としては時代劇となんらかわらないのでそういった感覚で見ると登場人物(特に衣装)に違和感を感じるんじゃないかなとも思いました。

★40代女性 MINILILYさんの口コミ ★★★★★

予想以上の面白さでした。敵が時間遡行軍という人外なので特撮や戦隊もののような雰囲気を漂わせつつも、信長や秀吉という歴史上の人物もしっかりと描かれていて骨太な時代劇のようでもありました。何よりも刀剣男士たちの殺陣が素晴らしく見ごたえがありました。主題歌も西川貴教と布袋寅泰のコラボという贅沢さで、十二分に楽しめました。

★30代女性 kurosukeさんの口コミ ★★★★★

PCブラウザゲーム及びスマートフォンアプリゲームの実写化映画。刀剣に宿った付喪神が刀剣男士と呼ばれる人の姿になり、過去を改変しようとする敵から正しい歴史を守るために戦うバトルアクション。原作モノだがゲームを知らなくても楽しめる内容で、後半の伏線回収とどんでん返しが気持ち良い。メインの刀剣男士を演じる役者の演技力はもちろん、スタント無しの殺陣が最高にカッコイイ。

★20代女性 花凛さんの口コミ ★★★★★

ツイッターで良い意見、悪い意見の差が激しかったのであまり過度な期待をせずに観に行きましたがとても素晴らしい作品でした!主演キャスト、戦闘シーン、作品の世界観、ストーリー色々と感動しました。キャラの性格がゲームと少し異なる部分がありますが、映画は別物と思って観ると良いと思います。今回は三日月宗近視点という感じだったので、三日月ファンの方は是非観に行ってください!

★20代男性 まめだいふくさんの口コミ ★★★★☆

予想より出来がよかった。三日月の役者さんが非常に安定しており、様になった演技をする。見ていて安心感があった。刀剣乱舞自体は軽くしかプレイしたことがなかったのだが、歴史モノは好きだったので、なかなかにアツい物があったと思う。話の筋もまぁ、悪くないのではとは思う。やや急展開と言うか、説明不足感が否めない展開もあったが・・・。細かいことは抜きにして、刀剣乱舞初の実写映画としてはそれなりに良いできたったのではないだろうか。

★20代女性 らいむさんの口コミ ★★★★★

原作ゲームはあまりプレイしたことがなく、ミュージカルや舞台にて刀剣乱舞には触れていました。この度の映画刀剣乱舞は出演者が舞台版キャストという事でとても楽しみにしていました。最初観に行った際、良い意味で裏切られたと思いました。ストーリー展開も面白く、アクションシーンも舞台さながら迫力もあり、キャストも長く演じているので、各々が解釈したキャラクターを自然に演じ、刀剣男士個々の感情・切なさだったり苦しさだったり葛藤というのが垣間見え、後半は涙しつつ画面に食いついて観ていました。最後のシーンでは舞台版本丸の刀剣男士たちが集結するというまさかの事態にびっくりしつつも、新しい審神者を迎え、その幼い審神者との優しいシーンに心癒されほくほくとした気持ちで帰路につきました。実写映画といえば、有名どころを起用し原作とは似ても似つかない作品の多い中、ここまでまだまだこれからの彼らを起用し、原作にとても忠実に映画を作り上げてくれたことに感謝いたします。