スポンサーリンク

お米とおっぱい。あらすじ、ネタバレ(オチ有り)。地上波初放送決定!「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督作品。

邦画

お米とおっぱい。予告動画

 

 

スポンサーリンク

お米とおっぱい。あらすじ

ある会議室に集められた、お互い名前も知らない5人の男たち。彼らが集められた理由、それはある議題を全員一致の決がでるまで話し合うことだった。その議題とは、「”お米とおっぱい”この世からどちらかが無くなるとしたら、あなたはどちらを残しますか?」というヘンテコなもの。訳が分からないままに、とりあえず議論を開始する男たち。史上最もくだらない議論が幕を開ける。

Filmarksより

お米とおっぱい。ネタバレ(オチ結末含む)

カメ止めの上田監督の初期作品という事で見ましたが、カメ止めの影響か期待が大きくてちょっと残念だったパターンでした。もちろん面白いと感じる人はいると思いますが自分のつぼでは無かったです。あくまでも個人的にですが・・・

ただこの7年後にカメ止めを世に出してくれたので、そういう意味ではこの作品も必要だったのかなと思います。

とにかく見ず知らずの五人の男達が、お米とおっぱいのどちらかがこの世から無くなるとしたらどっちを残すか話し合う。この議会に参加するだけで10万貰えるし、とことん話し合う!意見が一つになるまで話し合う!というルールの下、五人が熱弁を振るい、ある者は極度に感情的になり手が出る始末。

序盤から絵描きの男の子とキレルおっさんのバトルが始まります。

絵描き:あなたはさっきこうおっしゃられた。

キレル男:はっ?おっしゃられた~?いやみったらしい言い方しやがってよ~

絵描き:おっぱいは無くても生きていける。でも米が無きゃ生きていけない。そーおっしゃられた。

キレル男:おっしゃられたよ。おっしゃられた。ああ。それがどうしたよ?

絵描き:米が無くても生きていけます。米には代用品があるじゃないですか?例えば米の代わりにパンを食べればいい。現にアメリカ人はそーしてます。

キレル男:いいかあ、日本人は毎日毎日米を食うんだよ!そのおかげで働けるんだよ!え!なぜ働くんだよ?飯を食うためだよ。米を食うためだよ。おっぱいもむためじゃねえ!あんたおっぱいもむために働きたいのかよ?

絵描き:たしかに僕たちは食べるために働いてます。でもそれは米じゃなくてもいいといってるんです。パンやパスタだっていい。

キレル男:日本人は米を食うんだよ。パンやパスタは食わないんだよ!

まあこれは序の口で話は更に突っ込んで奥深く、か浅く広くか、こんな調子でひたすら続いていきます。

設定と言い、タイトルといい、結構期待感有ったのですが自分はコメディー調なのかと思いきや、まじめな議論で自分の予想とは違っていて・・・思いっきりコメディーにして欲しかった~(あくまで個人的に^^汗)

しかしぎこちないとこもありましたが、いい演技してる方もいてちょっと引き込まれるとこもありました。コメディー期待してた割りに後半、各々の抱えるプライベートがあらわになり、お米とおっぱいに関係ないとこでバトルになったり、キャラで言うと最後若い兄ちゃんが身分証明書のはげた写真をばらすとこなんかは、おっ!きたね!ッテ感じでした。やはり物語には意外性が無いとね~

意外性といえば主催者が議長さんだったってのも以外でしょうか?始めからちょっともしかしてとは思ってみてたのですが。ラストも特にオチらしいオチもなく、廊下で待ってたおじさんが喫茶店のマスターで、議長を務めた主催者が昔学生時代毎日通ってあれやこれや議論してたと言う昔話で終わります。

この映画の本質や主張からは外れるかもしれませんが、僕の感想は、人間は冷静に振舞っていても、何事も無いようなふりをしてても、皆何かしら人に言えない悩みやコンプレックスを抱えていて、悲しさや怒り、感情の行き違いなど糸が切れると、自分の弱さをさらけ出せる可愛いところがあるのが人間なのかななんて思ってしまいました。

「お米かおっぱい、どちらを残すか」

自分なら3番目のどっちも残したい~

ですが2択しかなければ、おっぱいかな~(照)

 

   こちらも注目↓

カメラを止めるな!~ロケ地の浄水場が相棒劇場版でも!あの強烈キャラのおばさん女優は誰?
無名の俳優を起用して2館しか上映されなかった映画が47都道府県で100館以上まで拡大!その面白さを伝えたいのですがネタバレ無しでは語れないのも事実です…そういった「どんでん返し」や「まさか!?」と叫ぶ展開を楽しめる今作を、ネタバレ&解説...