スポンサーリンク

コッホ先生と僕らの革命~あらすじ、ネタバレ結末、感想。ドイツ・サッカーの父、コンラート・コッホの実録ドラマ。

洋画

コッホ先生と僕らの革命~予告動画

 

コッホ先生と僕らの革命~あらすじ

1874年、イギリス留学を終え、ドイツへと帰国したコンラート・コッホ(ダニエル・ブリュール)。とある名門校へ英語教師として赴任した彼は、授業の一環としてサッカーを教える。サッカーを通して、子どもたちはフェアプレーとスポーツマンシップの精神を学び、それまで抱えていた階級や国籍に対する偏見が少しずつ薄れていった。しかし、帝国主義下にあったドイツでは反英感情が高まっており、イギリスで確立されたサッカーは反社会的なものの象徴であった。地元の有力者やほかの教師たちは、コッホを学校から追い出そうとするが……。

シネマトゥデイより

スポンサーリンク

コッホ先生と僕らの革命~ネタバレ、感想

ネタバレといいますか、結果いく度とも無くコッホは追いやられ、子供たちも諦めかけるのですが、イングランドの学生とのサッカーに勝って、最後は視察団に認められ一発逆転でハッピーエンドになります。最初からベタな展開ではあるのですが、時代背景や、子供の演技、何度もだめだ、、、というところから乗り越えてエンディングまでいきつくまで楽しめました。

1800年代のドイツではイングランドは快い国ではなかったようで、教育でも敵国扱い。日本の戦時中もそうであったと思いますが、服従と規律!が教育の基本みたいな時代にイギリス帰りの英語教師が、楽しく英語を覚えられるようにフットボールを使って授業をするあたり、日本で言うGTOみたいな斬新な教師であったわけですね。

しょっぱなから幾度となくハートゥングという学級長がボーンシュテッドという子をいじめるのですが、その背景には金持ちでこの学校の後援会長という父を持つハートゥングが、貧乏人の息子ボーンシュテッドを学校から追い出すという当時の社会の偏見が描かれていて、なんとなくコンラート・コッホの実録ドラマかなと思ってみてたら、実はいろいろ考えさせられる部分が多々ありました。

ただハートゥングも半ば父からの教育で、貧乏人などと関わるなと言われ続け、ある意味ボーンシュテッドを退学に追いやる事で父に自分を認めてもらおうとしてた部分もあるようでした。

そのハートゥングが父に逆らうきっかけになったのが、お気に入りと言うか、密かに思い合ってるメイドさんをハートゥングとプライベートで近づいたと言うだけで、クビにしてハートゥングの目の前から遠ざけてしまったことでした。

ラストはハートゥングが事実上皆を救ってサッカーを認めさせるきっかけになって、コッホ先生がサッカーはチームワークとフェアープレイを基本としたスポーツだと教えたことを、子供たち自身が自分たちと大人たちに示した事がとても良かったなあと思います。

予断ですがなんかボーンシュテッド、小さな恋のメロディーのマークレスターに顔と言うより雰囲気が似てて、急に数十年前の記憶がよみがえりました。。。歳がばれる。。トレーシーローズお気に入りだったし^^汗

コッホ先生と僕らの革命というタイトルですが、コッホ先生より子供たちの革命のほうが比重は多かったです。コッホ先生がドイツに帰ってきて大人に説明しても、頭の固い大人は耳も貸しませんが、子供はさすが柔軟性があり2時間のドラマの中で目に見えて皆が成長しました。もちろん映画だからというのもありますが、終わってみたらとても良い映画でした。