スポンサーリンク

トランスポーター イグニション~あらすじ、ネタバレ、時計!エド・スクレイン!

洋画
愛車である「AUDI S8」に乗って運び屋の仕事をこなすフランク。今作ではジェイソン・ステイサムに代わってエド・スクレインが主人公を演じ、美女とたちを乗せて車を走らせます。彼の巻き込まれた事件の全容や、美女たちの秘密にも驚くあらすじを紹介し、アクションやストーリーの見どころをお伝えしましょう。

トランスポーター イグニション~予告動画

 

スポンサーリンク

トランスポーター イグニション~あらすじ

フランクは「運び屋」として順調に仕事をこなしており、今回は女性から依頼があったため仕事の詳細を聞くことに。仕事を請け負う際に彼は「名前を聞かない、契約の厳守、運ぶ物の中身を開けない」という3つのルールを決めていました。荷物の詳細について女は2つ合わせて104kgだと言うことから、次の日それを受け取るために銀行へ5時に到着。車で待機していると女が2つの「荷物」と共に車内へ乗り込みます。その「荷物」とは女と同じウィッグと服を身に着けた2人の女性だったのです。フランクは依頼内容と異なると言って車を走らそうとせず、そのため女は彼の父親を人質にしていると写真を見せました。

警察に追われながらもフランクはやむを得ず女たちのアジトへ車を走らせます。そこにはもう一人仲間がおり、名前はアンナとキャオ、シーナ、マリア…4人はカラゾフの元でホステスとして働き、彼を裏切ろうと今回策を講じたのです。彼女たちはカラゾフの会計士を殺してその妻のフリをして貸し金庫へ行き、そこでカラゾフの帳簿を盗んで今に至る…そうしてフランクに更なる依頼を申し出て、父親に毒を飲ませたと言われた彼は再び従うことになるのでした。

カラゾフの仲間であるイマノフはクラブを経営しており、フランクたちは病院で盗んだ麻酔ガス缶を店内に充満させるため、スモークの缶と交換。全員を眠らせて、女たちはイマノフのパソコンから2億の送金を完了させたのです。依頼を終えたフランクはアジトに戻り、父親が飲まされたのは毒ではなかったと知ってその場を去りました。しかし、前にカラゾフに雇われた経緯があったことで、防犯カメラから素性がバレていたフランク…今度はカラゾフに父親が捕まり、アンナたちを連れてこなければ殺すと言われてしまうのでした。

それを聞いた彼女たちはフランクと共にカラゾフのアジトへ。そこにイマノフも現れ、カラゾフがフランクたちに自身の金を盗ませたのではと疑います。アンナたちの罠にハメられたと悟ったカラゾフは彼女たちを撃ち、その場の全員が撃ち合いに…キャオ、シーナ、マリアが殺される中、アンナはカラゾフに連れて行かれそれを追うフランク。アンナを助け、カラゾフを追い詰めますが最後には彼女がカラゾフを撃ち殺しました。人質になっていた父親を助け、フランクは安堵。アンナはカラゾフから奪った2億をキャオたちの家族とフランク親子にお金を送金するのでした。

 

スポンサーリンク

トランスポーター イグニション~見どころ

◎やっぱり爽快!カーアクション!演じるのはエド・スクレイン

序盤の街中を走り抜けながらターンしつつ消火栓を開けていくシーンも目を見張りましたが、飛行機に乗っていた父を貨物室から飛び降りさせるシーンも印象的!車の天井を開けて救出するシーンはハラハラしましつつ、そのまま追手をまくため大ジャンプで建物内へ!飛行機に乗るための客があふれる中、走っていく車…スピード感あふれるカーアクションもシリーズを通して見どころな中、今作ではまた違うテクニックを見せてくれたのが印象的です。

そんな『イグニション』ですが、過去の映画『トランスポーター』シリーズの主人公のジェイソン・ステイサムからトンタッチしてエド・スクレインがフランクを演じます。細身でありながらも軽やかな動きと思い一撃も繰り出す彼の戦い方は、キックボクシングやクラヴマガを取り入れて演じたそうで…序盤で車を盗もうとしていた男たちをあっという間に倒し、クールな見た目のオメガ(OMEGA)の腕時計を見ながら「遅刻は嫌いでね」と言うシーンは俳優として十分カッコよさを見せつけてくれました。

◎アクションにも注目!

クラブに潜入した際にフランクが警備をしている大柄の男を複数相手にして戦うシーンは見もの!打撃が通じない敵に対し、パイプやロープを駆使して殴ったり首を締めあげたり…通路にある引き出しタイプのロッカーでは殴られた際に引き出しを開けて自分の身を守り、敵の手が入ったまま引き出しを思いきり閉める!ちょっと変わった戦いも見どころの一つです。

他にも、忘れられないのがクラブから逃げる際に車を自動運転にして歩くスピードで走らせたシーン…フランクが車外で迫ってくる敵を1人ずつ倒し、車がゲートにぶつかる直前に窓から運転席へスマートに戻ってくるという1連の流れは印象的で思わず見惚れてしまいました。

◎どんでん返しのストーリーも良かった

物語の後半でクールなフランクがアンナ達はこのまま復讐を続ければ身のの安全は保障されないだろうと思い、一度は彼女を引き止めようとしたシーンは彼の身上の変化がよく表れていたと思います。しかし、アンナはそれでも計画の実行を止めず、カラゾフの元に連れていたかれた際に秘密裏にシーナがカラゾフの口座へ金を送金。イマノフが彼の残高を確認した際には「女を使って自分の金を盗んだ」という疑いをかけさせるのに成功しました。

アンナたちによる計画は全て計算通りだったように見えますが、全員が死ぬ覚悟を持っていたため生き残ったアンナは悲しみに暮れるのも印象深い出来事…それでもフランクに励まされたことで、彼女は生きていく決意をしたというストーリーは良くできていたと思います。二転三転するストーリーやフランクとアンナたちの人間模様にとても引き込まれる作品でした。