HUMAN LOST 人間失格~原案:太宰治「人間失格」あらすじ、ネタバレ、オチ結末!



邦画
スポンサーリンク
11月29日に公開された『HUMAN LOST 人間失格』は120歳まで生きれる無病長寿大国の日本を描いた映画…

HUMAN LOST 人間失格~予告動画

 
主人公が異形なロスト体という怪物に会って人生が変わっていくSF・アクションがアニメーションで描かれますが、スピード感や派手さがあって見入ってしまうこと間違いなしです。それでは、あらすじと見どころを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

HUMAN LOST 人間失格~あらすじ

昭和111年の日本では、平均限界寿命120歳となって病気やケガとは無縁の国となっていました。それは人々の体内に施されたナノマシンのおかげ…そうしたある日、葉藏は竹一に起こされて仮死状態から回復させられたと聞かされます。

そのまま竹一に誘われて、中枢である“インサイド”に乗り込むため仲間と合流。正雄にクスリをもらって飲んでから竹一が先導しつつレインボーブリッジをバイクで暴走する仲間たち…クスリの効果もあって彼のテンションが上がる中、爆弾を積んだ車がブリッジの途中に架けられたゲートに突撃。

その先に進もうとすると警官隊が…すると、竹一が急変し“ロスト体”と呼ばれる異形な姿に変わってしまうのでした。

葉藏も同じように変身してしまい、意識の無い中で葉藏は竹一を引き裂きます。そこに柊美子が現れて葉藏に触れると人間の姿に戻るのでした。

スポンサーリンク

彼は治療のためにS.H.E.L.Lの本部に連れて行かれ、柊はロスト体の存在や竹一の死について説明をします。そして、葉藏が自分と同じ”アプリカント”という存在であり、未来のためにも必要だと言うのでした。

ひとまず2人は葉藏のアトリエ兼住まいへ…下の階がバーになっており、柊はそこのマダムから葉藏聞いていると、彼が逃げたことに気付きます。

葉藏は正雄に会ってクスリがロスト体を引き起こしたこと、彼もアプリカントだということを知るのでした。

そして人類が皆、ロスト体になる未来を見せられ、仲間になれと言われますが拒む葉藏。そのせいでマダムがロスト体に殺されてしまいます。

柊は彼女を守れなかったことを謝罪し、葉藏に正雄とは違う青空の広がる未来の可能性を見せました。

そこに正雄が現れて葉藏をロスト体にして操り、柊を殺させようとしますが警察隊が止め、心臓を奪われた彼は目覚めず…

柊は葉藏の脳に語りかけて自画像を描いてもらいつつ、彼に自分の未来を実現して欲しいと言って去ります。葉藏は目覚め、柊が一部の高齢な人間が延命のために命を捧げたと知って悲しむのでした。

その日は120歳を迎えた人間を祝う式典が行われており、正雄は参加者の数人にクスリを飲ませて巨大なロスト体を生み出すのに成功。S.H.E.L.Lを襲わせますが、柊の思いを継いだ葉藏は奮闘して、最後には正雄を殺すのでした。その後、葉藏は現れたロスト体を倒し続ける日々を送ります。

HUMAN LOST 人間失格~見どころなど

スポンサーリンク

暴走するバイクと世界観がスゴイ!

レインボーブリッジをバイクで走る竹一たちのシーンはスピード感があって、吹き上げる炎や熱の演出などにもこだわりを感じさせました。音響の細かな配慮から、バイクの前輪の部分でホバリングしたりする迫力も印象的でした。

爆弾を霊きゅう車に積んで走らせ、暴走する彼らを追うのは警察犬ならぬ3つ足の走るロボット!それが複数走って追ってくる姿は決して狂暴なものではないのですが、バイクで走る男たちがロボットを蹴散らすアクションも派手!

ちなみにロボットは箱型になっていて、ボディの中に武器をしまえることで柊がロスト体と戦う際にも重宝していたのも良かったです。

ロスト体と葉藏の特徴

スポンサーリンク

普通の人間がロスト化すると身体が大きくなって触手のようなものを複数出してきて攻撃を仕掛けてくる!その異形な姿は恐怖を与えるのにも十分でした。葉藏も死ぬとロスト体の形態に変わりますが、柊が触れることで人間の姿に戻れるというアプリカントとしての特性も分かりやすかったですね。

最初の葉藏の形態は他のロスト体と比べて人の形をしているのが特徴的であり、苦しむ姿なども良く伝わってきましたね。最終形態は悪魔のような見た目に近くなり、黒と赤のバランスがカッコ良かったのが印象的…

彼が武器を取り出し、それが槍のような見た目で先端が別れていて複数の敵相手にも対応して戦っていた姿もカッコ良かったです。

葉藏の描く絵

スポンサーリンク

葉藏はアーティストとして絵を描き、マダムの絵が若々しくセクシーなのが最初の印象でした。他にも迫ってくるような形相の顔をした絵、「地獄の馬」と命名した赤い馬の迫力…バーには他にも絵が飾ってありましたが、映画を見て一番、心に残ったのは柊の肖像画でしょう。

これまでの赤を基調とした絵と対比するかのような青空が際立ち、髪の一本ずつも繊細に描かれた彼女の絵はその後の展開を思うと切なくなります。

寿命が長くなることは果たして…?

スポンサーリンク

120歳まで生きることを約束され、ケガすらも強制的に治される日本…働く人々はガスマスクを付けて街を行き交い、19時間働き続けて朝の4時に通勤ラッシュとなるこの世界観は色々と考えさせる近未来像でした。

死ねない人間は果たして人間と呼べるのか?生きがいとは何か?そうしたことや、平均寿命も働く年齢も伸びていく日本の現状も考えてしまいます。また、登場人物の生き方を見ていると、映画を見た人と語りたくなるタイプのストーリーだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました