スポンサーリンク

《37セカンズ》あらすじ・ネタバレ・結末・感想!無料動画配信情報~佳山明、板谷由夏、神野三鈴!

邦画

 時間をとめていたのはわたしでした!

《37セカンズ》あらすじ

ユマ23歳。職業「ゴーストライター」。

生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田ユマ。

親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。

そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。

毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。

その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いていくユマ。その先で彼女を待ち受けていたものとは…

公式サイトより

スポンサーリンク

《37セカンズ》ネタバレ・結末・オチ

物語のしょっぱなから佳山明(かやま めい)演じるユマと、母親を演じる神野三鈴のお風呂の全裸シーンで、この作品にかける意気込みを感じました。

さて

生まれてくるときに、息をしていなかった時間37秒間。。。

これがこの作品のタイトルの意味です。

 

日常生活では37秒なんて、何も出来ないほど短い時間なのに、ユマにとっての37秒間は人生を180度変えてしまった時間でした。

 

生まれたときの無呼吸時間が長かったせいで、脳性まひになりましたが、母親の献身的な支えで、社会の目立たない場所でひっそり親友の漫画家サヤカのゴーストライターとして働いてる。(半分良いように使われてる感じ)

ルックスもアイドル並みのサヤカをうらやましく思ってたユマは、自分の名前で世の中に出たいと思い、サヤカの担当編集者に自分のオリジナル原稿を渡してみてもらう。

 

だがものすごくいい作品だけどサヤカ先生の作品と似ていて被ってしまうからと断られてしまいます。サヤカ先生のはユマが書いてるので当然なのですが、それは秘密にしないとならなかったので。。。

 

そんな時公園に落ちてたアダルトコミックの編集部に電話をすると、原稿持ってきてといわれ持って行きます。

 

とてもいい作品だけどリアリティーがない、作家自身がSEX体験無く妄想だけで書いても・・・・

 

そう言われたユマは、何かに目覚めたように歓楽街に出向き男娼を買うが苦い体験をする事に。。

 

しかし同じホテルで出会った男性障害者向けのデリヘル嬢の舞と介護福祉士の俊哉に出会った事で、変化が起こっていきます。

 

遅くまでワンピースを着て帰ってこないユマ、ゴーストライターの仕事をサボって舞と俊哉と飲みに行ったり、外の世界を知るにつれ心配する母との衝突が起きます。

 

あまりネタバレはしたくないので簡単に後半書くと、半分家出みたいな感じで俊哉の家に泊まって、そして離婚した父に会いに行ったり、タイで小学校の先生をやってるという双子の姉に会いに行ったり・・・

 

そしてラストは泣けます。。

ぜひ見て欲しい作品です。

スポンサーリンク

《37セカンズ》感想

主演で本当の障害者である佳山明(かやま めい)さんの自然かつ体当たりな演技は、表情やしぐさでリアリティーを感じます。

なかなか障害者の方の生活は、ご本人や家族以外にはわからないものですが、佳山さんが演じる事によって物語りにドキュメンタリー的なリアルが染みてて感情移入してしまいます。

 

1000人近い障害者の方のオーディションから選ばれた佳山さんのために、監督が3分の一ほどシナリオを手直しして、佳山さんにあった物に変えたそうです。

 

そして主演の佳山明を支える女優陣、特に板谷由夏、神野三鈴、渡辺真起子がそれぞれ渋い演技で脇を固めてるおかげで、いい作品になったのだと思います。

お母さん役の神野三鈴さんは、実力を感じさせてくれました。泣く演技うまいです。もらい泣きしちゃう・・・

《37セカンズ》公式より

 

あとクールな編集長である、板谷由夏がいることでこの物語が前向きでハッピーエンドになる重要な役どころですが、本当に抜群の存在感というのでしょうか?出番は少ないけど印象的です。

《37セカンズ》公式より

 

そしてユマを外の世界へ引っ張り出す障害者デリヘルの渡辺真起子がいい味出してます。

《37セカンズ》公式より

 

だけどユマが外の世界に触れ飛び出すと同時に母との距離が微妙になる・・

ポジティブに自立心を考えていくゆまと、障害者の母という立場では当たり前だけどネガティブに慎重に過保護な母の、両方の気持が分かるからやるせない。

 

からの~

 

ラスト感動的なエンディング。

 

いい映画観て得した気分になれます。(もちろん好みはあると思いますが)

 

ただ佳山明の日常を見てるようで、本作では漫画家としての未来が開けるかのようなエンディングでしたが、脳性まひの方の現実は本当は健常者の人にはわからない多くの苦労があるのだと思います。

 

後この映画では障害者の性の問題も深く考えさせられます。

健常者では普通のSEXも障害者にはいくつもの壁があり、ましてや身体に障害があっても心は普通な場合は、自分だったら日々苦悩するだろうなと考えさせられます。

数年前から障害者向けの性サービスがあるとテレビだったか特集を見た事ありますが、もっとオープンにしてもいいことなのかなと思いました。

 

板谷由夏演じる編集長の言葉から、気持の殻を破って母離れして、お洒落して歓楽街に飛び出していく姿は、自然と応援したくなります。

スポンサーリンク

《37セカンズ》無料動画配信情報

まだ配信情報はありません。

 

《37セカンズ》作品情報

ベルリン映画祭史上初の2冠!世界中が熱狂した才能と感性にハリウッドからオファー殺到! 2020年を代表する傑作が日本にいよいよ上陸。

本作は2016年、世界のインディーズ作家の登竜門である「サンダンス映画祭」とNHKが主宰する脚本ワークショップで日本代表作品に選ばれ、映画化へ動き出した。そして2019年3月、世界三大映画祭のひとつ「第69回ベルリン国際映画祭」パノラマ部門でワールドプレミア上映され、観客が熱狂。「パノラマ観客賞」と「国際アートシネマ連盟(CICAE)賞」を映画祭史上初のW受賞という快挙を遂げる。さらに同年4月には第18回トライベッカ映画祭Viewpoints部門(米ニューヨーク)で北米プレミアされ、9月には第44回トロント国際映画祭でも大きな話題を集めた。メガホンを取ったのは、18歳で単身留学し、ジョージ・ルーカス、ロバート・ゼメキス、ロン・ハワードら映画監督を輩出した南カリフォルニア大学で学び、短編『Tsuyako』(11)、『A Better Tomorrow』(13)が世界で注目を集めた新鋭の監督・HIKARI。これが長編映画、初挑戦となるが、本作は早くもハリウッドの目に止まり、監督にオファーが殺到。
マイケル・マンが総監督を務めるのテレビシリーズの数話分の監督も決定し、ユニバーサル・ピクチャーズ他、次々と映画の大型プロジェクトが動き出している。公式サイトより

ワールドワイドなスタッフィングと新たなヒロイン、 そして着実なキャリアを積んできた俳優たちが リアリティとファンタジーの間を埋めていく。

ヒロインを演じたのは、出産時に身体に障害を負った23歳(当時)の佳山明(かやまめい)。当初、女優の起用を検討したが、健常者が障害者の役を演じることに強い疑問を抱いた監督の意向により、オーディションによって100人の候補から選ばれた。演技初挑戦の佳山は、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子らのサポートもあり、文字通りの体当たり演技を見せた。
スタッフには世界で活躍する製作陣が結集。プロデューサーはフランスの鬼才ギャスパー・ノエ監督の長編映画 『エンター・ザ・ボイド』(09) などを手がけた山口晋。音楽は『her/世界でひとつの彼女』(13)で知られるスパイク・ジョーンズ監督の短編に楽曲提供したAska Matsumiya、サウンドはポン・ジュノ、カン・ジェギュ、ホン・サンスら韓国の一流監督の作品を支えたサンロック・チョイ。主題歌は世界最大の音楽ショーケース「SXSW」に2年連続出演を果たし、“NEOかわいい!”J-POPで世界中を驚かせた人気女性4人組ユニット「CHAI」。まさに、ワールドワイドな製作陣が世界基準の映像世界を紡ぎ出した。
人生に向かって奮闘するヒロインの姿は、あらゆる障害、国境、世代を超え、誰もが共感するエンターテイメントである映画の真髄を気づかせてくれる。公式サイトより