スポンサーリンク

《魔女の宅急便》ところでトンボの年齢はいくつ?

邦画

魔女の宅急便の見どころ

可愛い魔女が気持ちよさそうに箒で空を飛ぶそのストーリーに夢が膨らみます魔女にネコと空飛ぶホウキ鉄板ですね魔女の宅急便は街の風景がとても美しい主人公のキキが挫折を乗り越えていくところ

トンボの年齢はいくつなの?

トンボの年齢っていくつか気になりますよね~

キキが13歳の設定で、トンボは一つ年上とWIKIに書いてあったので

おそらく14歳なのではないでしょうか?

トンボの年齢聞くとなるほどな~と思います^^

魔女の宅急便のあらすじ

 

ある田舎の町に住んでいたキキ。

 

キキはお母さんが魔女でその血を引き継いでいます。

 

『13歳になったら満月の夜に魔女のいない町に住んで生活する』というしきたりに従いキキも黒猫のジジとお父さんがくれたラジオとともに町を旅立ちます。

 

町を見つけるまでにもハプニングに見舞われますが、無事に魔女のまだいない町、コリコに辿り着きます。

 

コリコにやっと辿り着きましたが町の人達はほうきを持って真っ黒な服を着ているキキをあまり受け入れていないような雰囲気でした。

 

そんな中困っているグーチョキパン店のおそのさんのことを助けます。

 

そのことが縁でパン屋の2階に居候させてもらえることになりました。

 

居候をしながらほうきに乗って荷物を運ぶ『魔女の宅急便』をはじめます。

 

宅急便の仕事をこなしてながら、ある日トンボという少年と出会います。

 

トンボは人力の飛行機を作ることを目標にしている少年で最初はその馴れ馴れしい態度にいい印象を持っていませんでしたが、関わっていくうちに仲良くなっていきます。

 

そんな日々を過ごす中突然毎日のように話していた黒猫のジジと話せなくなってしまいます。さらに大切なほうきを折ってしまうのです。

 

仕事もできずに落ち込んでいる中、初めての仕事の際にキキを助けてくれたウルスラと再開します。

 

ウルスラからの励ましや、前から仕事を依頼してくれた老婦人の粋な計らいにより次第に元気を取り戻していきます。

 

その時ちょうど老婦人の自宅では飛行船が暴風に煽られ、飛行船から伸びているロープの先にはトンボの姿がありました。

 

いてもたってもいられなくなったキキは老富士の家を飛び出しました。
魔法の力を失っていたはずのキキでしたが現場近くで掃除をしていたおじいさんからデッキブラシを借りて空へと飛び立ちました。

 

いつものほうきではなくはじめての乗るデッキブラシはいうことをきかずなかなかトンボの元へ辿り着けません。

 

この後キキはトンボを助けることができるのでしょうか。ぜひご自身でみて確かめてください。

 

スポンサーリンク

魔女の宅急便 皆の感想

★20代女性 のんさんの感想 ★★★★☆

 

魔女の宅急便は、魔法という私たちからすると非現実的ではあるけど、それを感じさせない日常の風景や生活感そしてキキが魔法が使えなくなってしまった時の心の葛藤とその後の成長が自分も落ち込んでばかりではダメだと勇気付けられました。所々に出てくるパンや、ミルク、ソーセージをジジが美味しそうに食べる姿もまた魅力的です。

★30代女性 ちこさんの感想 ★★★★★

 

映画の見どころは、主人公のキキが挫折を乗り越えていくところです。誰にでも挫折や悩みはあると思いますが、人との関わりの中で挫折を乗り越えていく姿が素敵です。また、音楽や風景などもとても素敵なところも大好きな理由の1つです。この映画は今まで数えきれないくらい見てきましたが、飽きることがないです。これからも見ていきたいです。

★30代女性 りこさんの感想 ★★★★★

 

子供の頃に見ていた時は、内容がよくわからず優しい人達がいるんだなとしか考えていませんでした。でも大人になってから見ると懐かしくていじらいくて泣けてくる話です。見所は主人公のいろいろなとまどいと成長とそれを優しく支えてくれる街の人達や関わりある人達との絆です。この映画は子供の頃に見てもう一度大人になってから見ると見るところが変わる映画です。

★50代女性 ニーチェさんの感想 ★★★★★

 

アニメ映画。特にジブリ映画が大好きです。TVで放送される度に必ず見てます。ビデオにも撮り何度も何度も見てます。キキが親元を離れて自立し成長していく姿がとても健気で応援したくなります。猫のジジの声が聞こえなくなる場面はもう一人の自分と対話できなくなったということらしいのですが、是非原作を読んでみたいです。原作ではキキがトンボさんと結婚するようです。

★40代女性 パンダさんの感想 ★★★★★

 

買い物シーンが好き。「暮らすって物入りね」が結婚してから本当に思う様になりました。主人公が始めは夢があってキラキラしていたけど、世の中の様子に夢だけでは生活できない事、上手くいかない事にぶち当たり、困惑しながらも周りの人にも支えてもらい、自分自身でも何とか乗り越えようとしていく姿。日々の生活で悩んだ時、落ち込んだ時にこの映画わ見ると元気が出てきて頑張ろうと思えます。

★30代女性 きょうさんの感想 ★★★★★

 

生きているなら絶対に1度は見て欲しい映画です!普通に見える女の子が小さな魔女の姿になって箒にまたがった時、とてもキラキラして見ていたのを覚えています。魔女の修行を通して、主人公のキキが挫折を経験したり新しい出会いをしたり成長してゆく姿に涙が出ます。何より可愛い魔女が気持ちよさそうに箒で空を飛ぶそのストーリーに夢が膨らみます。

★30代女性 ななさんの感想 ★★★★★

 

主人公のキキが魔女として独り立ちしようと、仕事や恋愛を経験しながら成長していく姿に胸を打たれます。相棒のジジとのやりとりも面白おかしくて好きです。パン屋さんで働く中で、色々な人と出会いますが、どの登場人物も素敵で何度見ても飽きないです。特にご年配のご婦人にパイを届けて欲しいと依頼される中で築き上げられる関係性がほっこりとして好きです。

★20代女性 れいちぇるさんの感想 ★★★★★

 

子供の頃から慣れ親しんだジブリ作品のひとつ。13で家を出て魔女になる為、知らない町へ行くキキ。そして魔女と言えば黒猫!のジジ。親元を離れ、知らない町に初めは馴染めなかったキキですが、おそのさんという良い方との出会いで、魔女のホウキで配達する仕事をする事に。順調に経験を積んでいっていたキキですが、ある日を境に魔力が弱まり、ジジとの会話も出来ない、空も飛べないと嘆く日々。見兼ねたおそのさんが休暇をくれ、友人に会いに行ったり羽根を伸ばしつつ、自分を見つめ直す時間。ラストのシーンでは、キキの事が好きなトンボという男の子が飛行船にぶらさがった状態で危なかった所を、まだまだ不安定な魔力のまま、近くにいた人のデッキブラシを借り、「お願い飛んで!とべ!」と飛び上がり、不安定な飛行で近付いていき、トンボが落ちるのと同時に手を掴み、拍手喝采。何事にも一生懸命なキキを見て、私まで勇気がもらえます。

★40代女性 星さんの感想 ★★★★☆

 

魔女にネコと空飛ぶホウキ、鉄板ですね。そんな少女がたった一人、知らない町でやっていく。へこたれる事もあるけど、そんな事ばかりじゃないんだよ。頑張る力が何かを生む。とりあえず、やってみようかな…と言う気にさせてくれる映画だと思う。憧れ、嫉妬、そんな感情をおりまぜながら主人公の責任感の強さに見ていて応援したくなります。

★30代女性 minipeachi_himeさんの感想 ★★★★★

 

主人公魔女のキキが13歳でひとりだちをして、住むところや仕事を探します。キキは、自分は飛ぶことしか出来ないからと言って、空飛ぶ宅急便を始めます。しかし、男の子のとんぼと出会い、空を飛べなくなって仕事もできなくなり、キキは悩みます。そこでとんぼがピンチにあい、キキが助けに行くとまた飛べるようになるというお話です。飛べなくなって黒猫のジジとも話ができなくなりどうなることかと思ったが、最後はデッキブラシで飛ぶという、考えが斬新で面白いなと思いました。

★30代女性 こむぎさんの感想 ★★★★★

 

魔女になるために修行の一環で全く知らない土地へ行って、その土地で魔女ならではの「空飛ぶ宅急便」という仕事をしながらさまざまな人たちと触れ合うことで、主人公のキキが成長する様子が描かれています。13歳にも関わらず、頑張る主人公を応援する自分がおり、毎度毎度感動します。最後も感動で涙しますが、個人的にはジジに促されてラジオをつけてからオープニングのユーミンが流れるというくだりが好きです。

★20代女性 卯龍さんの感想 ★★★★★

 

ジブリの名作「魔女の宅急便」は、誰もが何処かで耳にしたことのある曲と共にのどかさとワクワクする冒険、そして魔女見習いというファンタジーな設定でありながら様々な場面で共感できる馴染みやすい主人公キキと、愛くるしい人物たちで画面は溢れています。また、宮崎駿監督特有のごちゃごちゃとしているのにいつまでも観ていられる街並みとどこまでも広い空が素敵な時間を演出してくれると思います!

★30代女性 ジブリさんの感想 ★★★★★

 

子供の頃から何度も見てきた映画です。半人前のキキがいろんなことを経験して一人前の魔女になるお話です。キキは素朴で地味な女の子なので都会の女の子に圧倒されます。でも自分は自分なんだって思うところは共感できますね。トンボとのやりとりもかわいくて大好きです。主題歌や音楽も世界観に合っていてすごくいいです。

★20代男性 tonpaさんの感想 ★★★★☆

 

魔女の宅急便は街の風景がとても美しいなと思います。まずあの街に行ってみたいと思わせてくれるし魔法は誰もが憧がれたと思います。魔法を使って働いたり友達との関係などいろいろなことが詰まってる作品で子供から大人まで楽しく見れると思います。とくにほうきを使って空を飛ぶシーンは子供の頃はとても真似していました。

★20代女性 おもちさんの感想  ★★★★★

 

主人公のキキの明るく天真爛漫な所が観ていてとても好きです。そんなキキにも、魔女の修行をしていていいのか、本当に正しいのかと悩み葛藤するシーンもありとても考えさせられる作品だと思います。トンボとの恋物語も見所の一つです。少しツンデレな所があるキキを、優しくでも男らしく接しているトンボとどのような展開になるのかも観ていてキュンとしちゃいます。

★20代男性 amuamさんの感想 ★★★★★

 

魔女の宅急便では、パン屋のシーンや鉄塔に飛行船がぶつかって主人公が男の子を助けるシーンなど魅力的なシーンが盛りだくさんなのでオススメです。

★20代女性 まふうさんの感想 ★★★★☆

 

魔女の宅急便は何回観ても元気をもらえる作品で主人公のラストの言葉は度々思い出すくらい好きです。いつかモデル地となった、ストックホルムに行ってみたいです。

★50代女性 downeyさんの感想 ★★★☆☆

 

キキが魔法を使えなくなった時友達になった絵描きの所に訪問する場面。自分の能力が何の為にあるのか分からずに使っていたけれど失くなった時に初めて自分自身を考える。これは大人への第一歩であり人生の目的や自分のいいところがどこなのか、誰しもが挫折して振り返るシーンなので一番好きです。魔女は本来なら人とは一線を引く人生を歩むとは思いますが、主人公なりの魔女の生活をこの段階で学んでいくわけです。

★50代女性 いらさんの感想 ★★★★☆

 

魔女の宅急便は全部が見どころですがやっぱりラストのデッキブラシでトンボを助けに行くキキです。あと飛べなくなったキキがジジの言葉が聴けなくなった所。森出会った女性とのやりとり。

★30代女性 とど美さんの感想 ★★★★★

 

ジブリ映画中でもとりわけ知名度が高く見る人を虜にする作品です。10代の頃に見た時のドキドキは30代になっても変わりません。特に箒で飛べなくなったキキがデッキブラシに乗りトンボを助けるシーンは、いつ見ても心臓が止まりそうになるほどの緊迫感があります。この場面では耳に馴染む背景の音楽が一瞬無音になるのです。思わず息をのんでしまい自分の心臓の音が聞こえてくるほどです。少女の成長物語としてもとても魅力的な作品です。

★30代女性 みりちさんの感想 ★★★★☆

 

魔女の宅急便:小さい頃から見ていて今では子供も一緒に見てるジブリ映画。ひとり立ち出来そうでまだまだ子供のキキ。相方のジジは冷静で心を支えてくれるパートナーって感じ。途中魔法の力か薄くなって?ジジが喋らなくなる所とか、子供の時には???だったけど、大人になってみると色々見えてくる!子供って知らないうちにどんどん成長してるんだなぁとしみじみしたりします。

★30代女性 花さんの感想 ★★★★☆

 

箒に乗って空を飛ぶという内容がとても夢があり面白い映画だと思います。子供から大人まで楽しめる映画で、キキが知らない街で1人で魔女の修行を頑張っている姿にとても好感が持てます。映像がとても綺麗なので見ていてとても楽しいです。動物のジジもとても可愛くてたまりません。最後に、トンボを助けるシーンが1番感動しました。キキがまた空を飛べるようになってよかったです。

★20代女性 りんさんの感想 ★★★★☆

 

登場人物の性格などがみんなとってもかわいくて素直でそれぞれの優しさをもっていて、キャラクター全てが愛おしく応援したくなる映画だと思います。キキが箒で飛べなくなってしまったときは思わずがんばれと口に出してしまいました。主題歌もさわやかで物語ととてもマッチしていて、見ていてとても清々しくなれる映画だと思います。なんども見返したくなる映画です。

★30代女性 くちこさんの感想 ★★★★☆

 

物語の序盤は主人公のキキと相棒の猫ジジとのやりとりがほっこりと和ませてくれます。決して器用ではないキキを優しく見守るジジですが、物語が進むにつれてジジは言葉が話せなくなってしまいます。一番近くにいたジジと意思の疎通が難しくなってしまう中で、キキは一人前の魔女になるべく成長しようと進み続けます。キキとジジは別れるわけではないですが、互いを頼りすぎない関係になっていく、少しほろ苦い気持ちになる映画です。