スポンサーリンク

信長協奏曲 映画 あらすじ結末,ネタばれ!

邦画

「信長協奏曲」のあらすじ

 

高校生のサブローは、ある日突然、戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

 

そこで自分と瓜二つの織田信長から

 

「病弱なわたしの代わりに信長として生きて欲しい」

 

と頼まれます。

 

帰蝶との愛を育み家臣たちとの信頼を深めながら、天下統一を志すようになります。そんな中、安土城完成のお祝いに来た、松永久秀から、信長がもうすぐ死んでしまう運命であることを聞かされます。

 

今までのこと全てが歴史の史実通り動いていた事を知り、サブローは激しく動揺します。

 

一方、幼少時、信長に村を焼き討ちされ、家族を失った秀吉は、密かに復讐の機会を伺っていました。

 

そんな折、石山本願寺が挙兵したという知らせが入ります。サブローは帰蝶の身を案じ、三河の家康の元へ逃げるよう説得しますが、帰蝶は頑なに拒否します。そこで

 

「自分は未来から来た」

 

「もうすぐ死ぬ運命である」

 

ことを伝えますが、帰蝶の心が揺らぐことはありませんでした。

 

一方、秀吉は、この戦の混乱に乗じて、光秀に信長を殺させ、謀反を起こしたとして光秀を葬り去ろうと企てます。しかし、松永久秀の機転により企みは失敗します。

 

その上、危機に陥った光秀を、サブロー自らが先陣を切り助けに行きます。心を動かされた光秀は、サブローを支えていくことを決意します。

戦の後、サブローの心に変化が起きます。

 

運命と戦い、歴史を変えていこうと。

「二人でしわくちゃの爺さんと婆さんになるまで一緒にいよう」

と帰蝶に気持ちを伝えて、祝言を挙げる約束をします。

そして、祝言の場所に選んだのが本能寺でした。朝廷に用事があったサブローは、一足先に本能寺へ向けて出発します。

 

一方、帰蝶は、サブローと同じスマホを持っている人がいると聞いて、大阪へ向かいます。そこで、未来から来たというウィリアムから

 

「信長は本能寺で光秀に殺される」

 

と教えられます。

 

信長の危機を知った帰蝶は、急いで本能寺へ向かいます。その頃、光秀は

 

「信長を殺さなければ帰蝶を殺す」

 

と秀吉に脅されていました。

 

秀吉は、火傷の跡を見せ、素性を明かします。

光秀は、意に反し、謀反を起こす決心をします。そんな事はつゆ知らず、サブローは、ウエディングケーキを前に穏やかな時間を過ごしていました。

 

しかし、その夜、突然の明智軍の奇襲。

 

火が放たれ、肩を弓で射られたサブローは、奥の居室へ逃げ込みます。そこに現れた光秀が、謀反を起こしたやむを得ない理由を話し、

 

「生きて信長としての天命を果たせ」

 

とサブローを逃がします。

 

一人残った光秀の前に、秀吉が現れます。

 

「私の命を持って全てを終わりにしてほしい」

 

と懇願する光秀に、

 

「帰蝶や信長も殺す」

 

と言い、刀で幾度も刺して絶命させます。

 

そして、家臣たちに、信長と同じ顔をした謀反人の光秀を捕らえるように命じます。混乱の中、逃げ出したサブローは、秀吉軍に追われている帰蝶と再会します。

 

帰蝶は

 

「一緒に逃げて里で暮らそう」

 

と懇願します。

 

その覚悟を知った帰蝶も、気丈にサブローを送り出します。光秀として秀吉軍と戦ったサブローは、結局捕らえられてしまいます。そこで

 

「平和な時代はいつか必ず来る」

 

とその想いを秀吉に託し、首を刎ねられます。

 

次に目覚めた時、サブローは現代に戻っていました。

 

数年が経ち、サブローの元に、同じく戦国時代から戻ってきたウィリアムから手紙が届きます。中に入っていたSDカードを再生すると、帰蝶からのメッセージが入っていました。首を刎ねられた後、信長の死体が消えたこと、その後天下泰平の世の中が来たこと、

 

「世の中は変わったが、変わらなかった信長の想いが歴史を作った」

 

と伝え、

 

「同じ時代を生きてくれてありがとう」

 

と晴れやかな笑顔を見せます。

 

サブローは、涙を流しながら何度もメッセージを見返します。タイムスリップした場所にサブローが立っていると、ふと

 

「殿、殿」

 

と自分を呼ぶ声が聞こえたような気がします。時を超えて繋がっている想い、絆を感じながら、サブローは新たに歩み始めます。

 

スポンサーリンク

「信長協奏曲」の皆の感想!

★30代女性 スワンさんの感想 ★★★★☆

 

人気の俳優を集めたテレビドラマの延長の映画ではない内容はドラマの続きになっているが映画から始めても十分楽しめるただの歴史の戦いだけではなく人間関係の喜怒哀楽が表現されている

★20代女性 shushupopokzmさんの感想 ★★★★★

 

ドラマを見てこその映画になりますがドラマがテレビで放送されている時は見ていなかったのですが知人に勧められてまとめサイトで1話を見ました普段は時代劇など全く見ませんしこういったジャンルのドラマは見たことがなかったので期待せずに見ましたが続きが気になり2日間ほどで終わりました映画化が決まった時はすごく嬉しかったですとにかく小栗旬が好きになりました

★20代男性 iwasbornさんの感想 ★★★★★

 

キャストが素晴らしかったです主人公演じる小栗旬さんのボーッとした学生感が当時学生であった自分にとってカッコいいと感じましたまた?演じた山田孝之さんも相変わらずの演技で悪役を徹底していて嫌いとまで思わせるほどでした柴咲コウさんは綺麗で見た男性は鼻の下を伸ばしたと思います内容はタイムスリップ?類で自身好きではないジャンルでしたが気がつくとハマっていましたドラマを一気に見てからの映画だったので話の流れもわかりやすく楽しく見ることができました

★20代女性 ミルクさんの感想 ★★★★☆

 

歴史上の人物を今までと違う目線で見れて時代劇や歴史が好きな人にはオススメだと思います私は小栗旬が出ているということだけで始めましたが歴史物は苦手でしたでも主人公が現代人という設定であるため小難しい昔の言葉ではなくちゃんと分かりやすく噛み砕いて話してくれるので苦手意識をあまり持たずに見られる作品でした

★40代女性 さきままさんの感想 ★★★★★

 

初めは現代っぽく軽い感じの演技でしたがその時代にいると段々とその時代にあった感じになっていく様が面白いなぁっと思いながら見てました途中現代の考えを持ったまま昔の時代に混ざっていく感じが面白いと思いました最後がちょっと不思議な感じがしましたね

★20代女性 まふうさんの感想 ★★★★☆

 

主演の小栗旬とヒロインの柴咲コウのやり取りが面白い反発し合ってたのにどんどん距離が縮まる感じが良かった

★20代女性 ゆかりんさんの感想 ★★★★★

 

全体的に本当に大好きで面白い映画だと思いますが私が1番好きなシーンはサル(秀吉)サブロー(信長)裏切って本能寺に追い詰めるけど1度逃げ切り帰蝶と再会出来たシーンです最後の2人の時間がとても切なくてそんな2人を見ていたら自然と涙が溢れましたもう二度と会えなくなるのに最後の帰蝶涙ながらにサブローを見送るシーンはとても印象的でしたなので私はこの映画を大切な人と見て欲しい映画だと思いました

★30代女性 さーさんの感想 ★★★★☆

 

非現実的な内容なので主人公のサブローと帰蝶が仲良くこころが通じ合うほど結ばれるのかハッピーエンドになるのかドキドキ観ていました終わったあともスッキリする内容でしたサブローのまっすぐな姿に周りの色々な人の心が動かされてかけがえのない存在になっていくところが見どころです

★30代女性 ゆっこさんの感想 ★★★★★

 

信長(サブロー)帰蝶の心のつながりが見どころだと思います涙なしでは見ることができませんでしたドラマから引き続きみていますが完結として是非見たほうがいいとオススメできる映画でしたまたサブローは現代に戻れるのか戻れないのかなど最後までどうなるのかと展開が読めなかったところも見ていて面白かったです

★20代女性 どんちゃん ★★★★☆

 

非見てほしい作品です見どころはやはり信長となったサブローが本能寺の変でどういう運命となるのか!歴史は変えられるのか?!というところです信長の妻である帰蝶とのやり取りもとても微笑ましく物語のなかでほっこりするシーンでもありますエンディングは予想外の結末と感動したのとで思わず涙してしまいました

★30代女性 けいちゃんの感想 ★★★★★

 

見応えがあります最初は憶病であった主人公が仲間と戦国時代を生き抜く中で本物の信長を凌ぐ成長を遂げる姿に胸を打たれます主人公の小栗旬さんはもちろん高嶋政伸さんや藤ヶ谷太輔さんなど若手からベテランまで多くの魅力ある俳優さんが登場し息の合った掛け合いを行う所も見どころであり魅力だと思います

★30代女性 おこそさんの感想 ★★★★☆

 

ドラマを観ていなくとも歴史のことなので何となく楽しめるところがいいです歴史にこんなことがあったらワクワクしながら観ることができます原作とは帰蝶の性格が違うしその他諸々も漫画とは異なります原作と違うので全く別の作品としても観ることができるのが魅力でもあると思います

★20代男性 にっしー ★★★★☆

 

タイムスリップして自分にそっくりな相手に出会うそれがかの有名な織田信長であったというところからストーリーがはじまり外見は同じだが中身が少し違うことに皆違和感を感じるが別人とは誰も思わない本物の織田信長よりも未来から来た偽物の織田信長似の主人公の方が皆から好感を得られ支持されることとなっていく奥様も変わった織田信長のことに惹かれていくそれに嫉妬する本物の織田信長は明智光秀を名乗ることとなるその恋愛観変わっていく世界観人間関係この先どうなってしまうのかというストーリー性にドキドキする

★10代女性 すらいむくんさんの感想 ★★★★★

 

ドラマの信長協奏曲の続きで、完結版のような内容。
学校で習っている戦国時代の歴史との違いがあって、もしかしたら本当にこんな歴史だったのかもしれないと考えられるところが見ていてとても面白い。
現代と戦国時代を結ぶ物語だと思う。それぞれの俳優・女優さんも役柄に合っていて、物語に入り込めるところも良いと思う。

★40代女性 MJさんの感想 ★★★★☆

 

仲間の裏切り信じ合いがとても上手く細やかに描かれていたのがとても面白かったです本物の信長ではない立場であるのにも関わらずみんなをまとめようとする姿人を疑わず信じる姿愛する人を守ろうとする姿歴史的な場面においても現代においても人の心情の根底は変わらないのだなぁと感じる話で歴史に興味がない私でもとても楽しめる映画でした